ニュース
» 2012年04月03日 11時21分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月19日〜25日):人気持続の「NEX-7」、「ミラーレス10万円クラス」が熱い (1/2)

春行楽需要の売れ筋は固まったが、目を引くのは高級機「NEX-7」の人気。オーダー好調と伝えられるオリンパス「OM-D E-M5」とあわせて「ミラーレス10万円クラス」を引っ張る存在となるか。

[ITmedia]

 3月3週〜4週にかけてという、春行楽需要駆け込み時期のランキング。デジタル一眼・コンパクトデジカメともに新顔の登場はなく、売れ筋がより鮮明になっている。

 ランキングの1位はデジタル一眼がキヤノン「EOS Kiss X5 ダブルズームキット」、コンパクトデジカメは同じくキヤノンの「IXY 600F」となっており先週から変わらず。この2機種は長くランキングのトップを維持しており、人気の持続している様子がうかがえる。

 前述したようランクイン機種の顔ぶれに変化はないが、デジタル一眼ランキングではソニー「NEX-7(レンズキット)」の人気ぶりが目を引く。NEX-7 レンズキットは市場価格でも10万円を切るところまで下がっておらず、本ランキング登場機種のなかでは高額な部類に入る。ソニーの人気ミラーレス「NEXシリーズ」の最上位機種と言うことで人気を博すのは理解できるが、比較的高価なだけにここまで売れ筋として長くランクインするのはちょっと予想外だ。

photophoto ミラーレスカメラとしては比較的高価な部類に入る「NEX-7」と「OM-D E-M5」だが、NEX-7は年明けから好調なセールスを続けており、OM-D E-M5についても多くの予約が寄せられているという

 10万円クラスの高級ミラーレスとしては、3月末に販売開始されたオリンパス「OM-D E-M5」(ファーストインプレッション オリンパス「OLYMPUS OM-D E-M5」 )の売れ行きも気になるところ。予約者へのデリバリーが当初の期日より遅れる可能性が発生したため、発売記念キャンペーンが期間延長されるなどオーダーは好調のようで、次回のランキング(集計期間3月26日〜4月1日)には顔を見せる可能性が高い。

 こうした現象を見ていて感じるのが、「ミラーレス」という製品ジャンルの成熟だ。初期はデジタル一眼レフに対するサブセット的なニュアンスも強かったが、徐々に市民権を獲得し、いまでは一口にミラーレスといっても価格を抑えたエントリーモデルから、NEX-7やOM-Dのような写真愛好家の要望に応える高級機まで多くのモデルが各社より用意されるまでに至り、高級機にも販売ランキングに反映されるほどの支持が集まるようになっている。

 ここ1年ほどの新製品は「ミラーレスの手軽さ」を前面に押し出したモデルが多かったのは事実だが、NEX-7のヒットやまだ実売データは出ていないもののOM-Dの好調を感じさせる動向を見ていると、現在、「高級ミラーレス」の製品を用意していない、あるいは既存機種が登場より時間が経過しているメーカーからも、今夏から今冬にかけて新製品が投入されるのではないかと期待してしまう。

 いまだこのジャンルの参入していないキヤノンの動向も含め、2012年もまだまだミラーレスを巡る環境には変化が多そうだ。

デジタル一眼販売ランキングTOP10

2012年3月19日〜25日
順位前回順位メーカー製品名
1位1キヤノンEOS KISS X5 ダブルズームキット
2位2キヤノンEOS KISS X4 ダブルズームキット
3位5ソニーNEX-5ND
4位4オリンパスE-PL3 ダブルズームキット
5位3ニコンD5100 ダブルズームレンズキット
6位7ニコンNikon 1 J1 ダブルズームレンズキット
7位6パナソニックDMC-GF3 ダブルレンズキット
8位8ニコンNikon 1 J1 ズームレンズキット
9位10ニコンD3100 200MMダブルズームキット
10位9ソニーNEX-7K

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう