ニュース
» 2012年04月04日 12時22分 UPDATE

キヤノン、天体撮影専用の「EOS 60Da」

キヤノンが「EOS 60D」をベースに、ローパスフィルターの特性を変更することで天体撮影専用としたデジタル一眼レフカメラ「EOS 60Da」を4月中旬より販売する。

[ITmedia]

 キヤノンは4月3日、天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラ「EOS 60Da」を4月中旬より販売する。受注販売となっており、価格はオープン。同社オンラインショップでの販売価格は15万4800円(ボディのみ)。

photophoto 「EOS 60Da」

 「EOS 60D」をベースに、ローパスフィルターの特性を変更(「Hα輝線」の透過率をベースモデル比3倍に)することで赤みの強い星雲を特殊なフィルターなしで撮影できるようにしたモデル。天体撮影専用の仕様となっているため、一般的な被写体を撮影した場合、赤みが強くなるなど適切なカラーバランスにならないことがあるとしている。

 ローパスフィルターの特性変更以外はベースモデルと仕様は同等で、撮像素子はAPS-Cサイズ(22.3×14.9ミリ)の有効1800画素CMOSセンサーを搭載、画像処理エンジンには「DIGIC 4」を組み合わせる。常用ISO感度は100〜6400で、感度拡張時はISO12800での撮影も行える。測光センサーにはEOS 7Dと同様の63分割測光センサーを搭載、AFは全点9点クロスのセンサーを搭載する。

 液晶モニターは左にヒンジの設けられた横開きのバリアングルタイプで、三脚設置時やバッテリーグリップ装着時にもアングルの自由度が損なわれることはない。サイズは3型ワイド/104万画素で、視野角は170度。反射防止コーティングも施されている。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.