ニュース
» 2012年04月05日 15時59分 UPDATE

メイク&デコで“仲間撮り”をさらに楽しく “EXILIM”「EX-TR150」

カシオ計算機が2つのヒンジで液晶とカメラ部分が回転するデジカメ“EXILIM”「EX-TR150」を発売する。メイクとデコ機能を搭載して、“仲間撮り”がより楽しくなった。

[ITmedia]

 カシオ計算機は4月5日、デジタルカメラ“EXILIM”の新製品「EX-TR150」を4月20日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。s

photo 「EX-TR150」

 レンズ部と液晶部の間には270度の回転軸、レンズ部とフレーム部の間には360度回転するヒンジが設けられており、さまざまなスタイルでの撮影を可能な「EX-TR100」の後継製品。主要なスペックは継承するが人の顔をメイクアップするように撮影できる“メイクアップ機能”や、付属ペンで好きな画像を切り抜いて別の写真に貼り付けられる“デコレーション機能”を新たに搭載した。

 メイクアップ機能は顔検出で検出された人物の顔に対し、肌のコンディションを整える、日差しによる陰を和らげるなどの処理を施す。処理の強弱は12段階に調整可能だ。デコレーション機能は大まかに付属のペンでなぞるだけで切り取りが行え、任意の別画像への張り付けが行える。

 そのほか、タッチパネル液晶を利用した、触れた場所にピントを合わせるタッチシャッター、被写体の動きを検知して自動的にシャッターを切るモーションシャッター、連写合成によってダイナミックレンジの拡大した画像を合成するHDR撮影機能や、局所的にコントラストや彩度を変化させて絵画調の画像を作り出すHDRアートといった撮影機能も利用できる。

photophoto 「EX-TR150」

 撮像素子は1/2.3型 有効1210万画素裏面照射型CMOSセンサーで、レンズは35ミリ換算21ミリの単焦点レンズ。超解像技術を利用した「プレミアムズーム」によって2倍までのズーム撮影も行える。

 画像処理エンジンには高速処理可能な「EXILIM ENGINE HS」を組み合わせており、1920×1080ピクセル(30fps)のフルハイビジョン動画撮影も可能だ(映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264で、ファイル形式は.MOV)。記録メディアはSDメモリーカードで、バッテリーはUSB経由での充電となる内蔵式。サイズは122.8(幅)×59(高さ)×14.9(奥行き)ミリ、約157グラム(メモリカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう