ニュース
» 2012年04月10日 16時35分 UPDATE

Eye-Fi 初期設定なしでスマホ転送可能な「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」

アイファイジャパンはAndroid OSのスマートフォンがあれば、初期設定なしに撮影した画像を転送できる「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を発売する。

[ITmedia]

 アイフィジャパンは4月10日、「スマホかんたん設定」を備えた無線LAN搭載SDメモリーカード「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を4月13日より販売開始すると発表した。4Gバイトの容量を持ち、価格はオープン。実売想定価格は5980円円で、ドコモショップなどNTTドコモの販売網で販売される。

photophoto 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」のパッケージ

 新製品はAndroid OSのスマートフォンがあれば、従来はパソコンを介して必要だった各種初期設定をパソコンなしに実行でき、デジタルカメラで撮影した画像を「ダイレクトモード」にてスマートフォンへ直接転送できる。

 利用に際してはスマートフォンへ「Eye-Fi Android アプリ」をインストールし、アプリにパッケージ同封された認証キーを入力(QRコード読み込みでも可)。その後にメールアドレスとパスワードを入れれば設定は完了する。

 Eye-Fiカードとしての機能は既存「Eye-Fi Mobile X2」と同等で、画像と動画転送のほか、存在するデータをすべて転送するエンドレスモードなどが利用できる。なお、既存Eye-Fiカードに対して、「スマホかんたん設定」の機能を提供する予定はないという。

 製品名には「for ドコモ」と銘打たれているが、Android OS 2.2以上を搭載した端末ならば利用できる。また、Eye-Fiの提供するクラウドサービス「Eye-Fi View」からNTTドコモの「お便りフォトパネル」への自動送信する設定も用意されている。

photo 左からNTTドコモユビキタスサービス部長 高原幸一、米Eye-Fi CEOのYuval Koren氏、アイファイジャパン 代表取締役の田中大祐氏

 Eye-FiとNTTドコモは2月に業務提携を発表しており、NTTドコモがEye-Fiに1400万ドルを出資、両社のクラウドサービスを連携させるほか、Eye-Fiとフォトパネル、Eye-Fiとスマートフォンの連携を強化するなどの取り組みを発表していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.