ニュース
» 2012年04月13日 13時32分 UPDATE

キヤノン、4K動画記録可能なデジタル一眼「EOS-1D C」

キヤノンはプロ向け映像製作用レンズやカメラで構成される「CINEMA EOS SYSTEM」の新製品として、4K動画を撮影可能なデジタル一眼レフ「EOS-1D C」を10月より販売開始する。

[ITmedia]

 キヤノンは4月13日、プロ向け映像製作用レンズやカメラで構成される「CINEMA EOS SYSTEM」の新製品として、4K動画を撮影可能なデジタル一眼レフ「EOS-1D C」を10月より販売開始すると発表した。

photo 「EOS-1D C」レンズは「CN-E24mm」

 CINEMA EOS SYSTEMの第一弾として「EOS C300」が発表された際、開発表明がなされていた。EOS-1D Xをベースにしており、35ミリフルサイズ/有効1810万画素のCMOSセンサーを搭載し、4K(4096×2160ピクセル)動画の撮影を行える。

 4K動画撮影時、センサーはスーパー35mmより広いAPS-Hサイズにクロップされるため広い画角での撮影を行えるほか、MotionJPEGの映像はコンパクトフラッシュに記録されるため、ポストプロダクションでの作業効率上昇も期待できる。静止画撮影についてはEOS-1D Xと同等の能力を持つ。

photophotophoto

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう