ニュース
» 2012年04月20日 20時44分 UPDATE

有効2400万画素エントリー「D3200」 テストショット

ニコンが5月下旬より販売開始する、有効2416万画素センサー搭載のデジタル一眼レフ「D3200」の実機撮影サンプルを掲載する。

[ITmedia]

 ニコンが5月下旬より販売開始する、有効2416万画素センサー搭載のデジタル一眼レフ「D3200」。今回、ほんの数時間ながら触れる機会を得たので、“JPEG撮って出し”の撮影サンプルを掲載する。

photo ニコン「D3200」

 既存モデル「D3100」にも採用された「ガイドモード」の進化や、別売オプション「WU-1a」を組み合わせてのスマートデバイス連携も興味深いが、まずはニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ 23.2×15.4ミリ)の有効2416万画素センサーと、最上位機「D4」にも採用されている画像処理エンジン「EXPEED 3」による画像がどんなものか、見て頂ければ幸いだ。

 以下の画像はすべてカメラ側の設定は出荷時の初期設定とし、レンズはキットレンズの「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」を使用している。クリックすると、6016×4000ピクセルのフルサイズ画像を表示するが、1枚あたりの画像サイズが14Mバイトを超えるものもあるので注意して欲しい。

photo F5.6 1/80秒 ISO2500
photo 上の写真から、中央部だけを上写真と同寸でトリミングしたのがこちら。6016×4000ピクセルというサイズの巨大さが分かる
photo F5.6 1/80秒 ISO1800
photo F5.6 1/50秒 ISO640
photo F5.6 1/100秒 ISO250
photo F5.6 1/100秒 ISO2800 露出補正+0.7

 非常に短時間での試用であるために細部についての言及は避けるが、2400万画素超という高画素のセンサーを搭載しながら動作に緩慢さはなく、快適な撮影が行えた。詳細については、後日製品レビューを掲載する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう