ニュース
» 2012年04月25日 20時37分 UPDATE

シリーズ初の防水モデル、縦型ハンディカム「HDR-GW77V」

ソニーはシリーズ初の防水ハンディカム「HDR-GW77V」を発売する。縦型ボディを採用し、小型ボディながら10倍ズーム「Gレンズ」も搭載した。

[ITmedia]

 ソニーは4月25日、防水タイプのハンディカム「HDR-GW77V」を5月25日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売総低価格は7万5000円前後。

photo ハンディカム「HDR-GW77V」 カラーはホワイト、ブラック、ブルーの3色

 「ハンディカム」ブランドでは初となる防水・防じん・耐衝撃性能を備えたタフネスタイプの製品で、水深5メートルで連続60分利用可能な防水性能、IPX5準拠の防じん性能、1.5メートルの落下に耐える耐衝撃性能を備えながらスリムな縦型ボディとした。加えてレンズ表面にはフッ素コートを施し、撥水性にも配慮した。

 撮像素子は1/3.91型の裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサーで、総画素数は543万画素。ここに35ミリ換算29.8〜298ミリ(動画撮影時、16:9)の光学10倍「Gレンズ」を組み合わせる。撮像素子は春モデル「HDR-CX590V」と同じで、画質についても「CX590Vクラスの画質」としている。

photo

 手ブレ補正は光学式で、回転方向やズーム時のブレも補正する「アクティブ」モードも用意する。光学ズームは10倍だが「Exズーム」を利用することで17倍のズーム撮影も行える。フルHD映像の記録形式はAVCHDで、AVCHD 2.0にも対応しており1920×1080/60pでの記録も可能。また、静止画記録時には全画素超解像技術によって2040万画素相当での撮影が行える。

 フルオート撮影モード「おまかせオート」は、99のシーンを認識。新たに水中での撮影にも対応しておりホワイトバランスや明るさ、画面のゆがみなどを自動的に補正する。そのほか人物(顔)以外の被写体も追尾フォーカスする「トラッキングフォーカス」、自分にカメラを向けると自動的に撮影する「自分撮りタイマー」、スイングパノラマ(静止画のみ)などの撮影機能も用意されている。

 型番の「V」から分かるようにGPSを搭載(79エリアの地図データ内蔵)するほか、USB経由の充電にも対応。縦型を採用したボディのサイズは32.2(幅)×105.5(高さ)×70.2(奥行き)ミリで、タッチパネルの3型(92万画素)液晶を搭載する。付属バッテリーを含む重量は220グラム。

news115.jpg

→ソニーストアで「HDR-GW77V」をチェックする
水に強く、美しく、手軽に撮れるスタイリッシュモデル。価格は6万9800円(税込/予定)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう