ニュース
» 2012年05月15日 16時11分 UPDATE

Facebookに投稿された写真をプリント HPらがFacebokアプリ「Timdoo フォトブラウザー」提供

日本HPら3社はFacebookにアップロードされた写真をより快適に閲覧でき、ポストカードなどの注文も可能なFacebokアプリ「Timdoo フォトブラウザー」を提供開始する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とTimdoo Inc、不二印刷の3社は5月15日、Facebookにアップロードされた写真を閲覧・活用するFacebokアプリ「Timdoo フォトブラウザー」を5月31日より提供開始すると発表した。既にβ版はサービスインしており、http://apps.facebook.com/timdooapp/より試用できる。

photo 「Timdoo フォトブラウザー」。左はTimdoo フォトブラウザーを開発したTimdoo IncのCEO ジュリアン・クリム氏(以下、画面はβ版)

 Timdoo フォトブラウザーはFacebook上で公開された写真について、「すべての友人が最近アップロードした写真」「複数の友人の写真をまとめて」などさまざまかたちで閲覧することができるほか、その写真を使ったポストカードやマウスパッド、キーホルダーといったグッズもオーダーできる。

photophotophoto Timdoo IncのCEO ジュリアン・クリム氏。「写真を活用する際にユーザーがアプリを用意するのではなく、ユーザーと写真が集まる場所にアプリを動かした」と述べる(写真=左)、「Timdoo フォトブラウザー」はFacebookアプリとして提供され、起動するとFacebookにログインしているアカウントのフレンドが投稿した写真を一覧表示できる(写真=中)、投稿されている写真を利用したグッズ(写真はマウスパッド)の作成も行える(写真=右)

 本サービスを開発したTimdoo IncのCEO ジュリアン・クリム氏は、写真がデジタルの時代に入り、flickerやPicasa、photobucketなどに多くの写真がアップロードされているが、facebookはそれを遙かに上まわるペースで写真が投稿されており、その速度は1日2.5億枚にものぼると述べ、他のオンラインフォトサービスに対するTimdooの優位性として、「ソフトウェアのインストール不要」「Facebookにアップロードされている写真をそのまま利用できる」などを挙げ、Facabookを主なSNSとして利用するユーザーにとって利便性が高いと主張する。

photo Facebook標準機能との差異。ソーシャル機能と印刷機能がTimdooアプリの特徴

 Facebookの標準機能で搭載されている写真へのコメント付与、タグ付けはTimdooアプリ上でも行えるが、全フレンドの最新写真閲覧、複数フレンドのアルバム閲覧、タグ検索、Facebookからのシームレスなプリント注文などはTimdooならでは機能としてあげられる。、

 印刷について本サービスでは、日本HPのデジタル印刷機「HP Indigo」が導入されている。導入に当たっては印刷品質の高さはもちろんのこと、HP Indigoシリーズの写真分野における専門性の高さが高く評価されたという。関連するフォトグッズの実際の印刷や発送業務は不二印刷が行う。

 日本HPの小池亮介氏(イメージング・プリンティング事業統括 グラフィクスビジネス統括本部 デジタルプレスビジネス本部 市場開発部 部長)は「爆発的に増えているデジタルデータを「印刷」を通じて活用できないかと思っていた。データ量の増大についてはソーシャルメディアのの果たす役割は大きく、特にFacebookはこれからの増加率が高く見込める」と今回の取り組みの狙いを話す。

 プリントおよびグッズ製作の料金は、ポストカードが8枚1050円、マウスパッドが1050円、キーホルダー(両面カラー印刷、ボールチェーン付き)が840円。送料は630円となる。支払いはPayPalによるクレジットカード決済のみとなる。また、サービスの開始を記念し、Timdoo JapanのFacebookページを「いいね!」をクリック、Timdoo フォトブラウザーをフレンド10人に「オススメ」したユーザー先着500名を対象に、ポストカード1セット(8枚組)を無料で注文できる(送料別)キャンペーンを行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.