ニュース
» 2012年05月17日 13時00分 UPDATE

スタミナアップ 小型ボディに充実機能「α37」

ソニーはAマウントのデジタル一眼カメラ「α37」を6月中旬より販売開始する。半透過ミラーなどは踏襲しながら小型軽量化と省電力化をすすめ、「オートポートレートフレーミング」など上位機に準じる豊富な機能を搭載する。

[ITmedia]

 ソニーは5月17日、Aマウントのデジタル一眼カメラ「α37」を6月中旬より販売開始すると発表した。ボディのみ(SLT-A37)、標準ズームレンズ「DT18-55 F3.5-5.6 SAM」(SAL1855)をセットしたズームレンズキット(SLT-A37K)、「DT50-200mm F4-5.6 SAM」(SAL55200-2)もセットしたダブルズームレンズキット(SLT-A37Y)が用意され、実売想定価格はボディのみが6万円前後、ズームレンズキットが6万5000円前後、ダブルズームレンズキットが8万5000円前後。

photo 「α37」

 αシリーズ中でのエントリーに当たる製品で、独自のトランスルーセントミラーテクノロジーは踏襲しながら小型軽量化と省電力化をすすめることで、本体のみ重量は約448グラム、撮影可能枚数は約500枚(背面液晶利用時、ファインダー利用時は約450枚)となっており、小型サイズとスタミナ性能を両立した。

 主要な撮影機能は上位機種「α57」に準じており、被写体へカメラを向けるだけで、3分割法による構図をカメラが自動的に判断、トリミングを行い、空間を考慮した印象的な構図の写真を保存する「オートポートレートフレーミング」や、組み合わせるレンズにかかわらず利用できる「全画素超解像ズーム」などを搭載する。

 連写速度は約5.5コマ/秒(α57は約10コマ/秒)で、「AF追尾」設定時に顔検出が外れた場合でも、物体追尾モードへ自動的に切り替わるアルゴリズムはα57と同様に採用されている。被写体を最大約1.4倍にクローズアップする「テレコンモード」での連写ならばAF追従約7コマ/秒の撮影が行えるが、その際には8.4M相当記録となる。

photophoto

 撮像素子はAPS-Cサイズの有効1610万画素“Exmor APS HD CMOSセンサー”で、画像処理エンジンには「BIONZ」を組み合わせる。常用ISOは100〜16000(オート時は100〜3200)で、AF測距点は中央3点クロスの15点。レリーズタイムラグは約0.05秒となっている。

 トランスルーセントミラーテクノロジーによって、動画撮影時も位相差AFによる高速なピント合わせが行え、AVCHDおよびMP4形式による保存が行える。もちろん1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影と60i/24p記録が可能となっているが、センサー出力は30pだ。電子ファインダーは有効約144万画素の電子式で視野率は100%、背面には上下稼働のチルト式液晶(23万画素)を搭載する。

news008.jpg

→ソニーストアで「α37(ボディのみ)」をチェックする
小さく、軽く、速く。その一瞬を残すために。高速AF&最高約7コマ/秒のテレコン高速連写。価格は5万9800円(税込/予定)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.