ニュース
» 2012年05月21日 16時41分 UPDATE

パナソニック、全域F2.8ズームレンズ「LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」

パナソニックはマイクロフォーサーズ規格に準拠した交換レンズとしては初めて、全域F2.8を実現した「LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」(H-HS12035)を発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは5月21日、マイクロフォーサーズ規格に準拠した交換レンズ「LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」(H-HS12035)を6月21日より販売開始すると発表した。価格は12万4950円。

photo 「LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」

 マイクロフォーサーズ規格の交換レンズとしては初めて全域F2.8を実現したズームレンズ。手ブレ補正機構「Power O.I.S」を搭載しながら、35ミリ換算24〜70ミリ/F2.8のレンズとしては世界最小最軽量(同社)という約67.6(最大径)×73.8(全長)ミリ/約305グラムのコンパクトサイズも実現している。

 同社交換レンズの中では最上位である「X」シリーズの製品であり、レンズ構成はUED(特殊超低分散レンズ)1枚、UHR(超高屈折率レンズ)1枚、非球面レンズ4枚を含む9群14枚構成で、「ナノサーフェスコーティング」によってフレアやゴーストの発生も抑制した。絞り羽根は7枚羽根の円形虹彩絞りで、最大撮影倍率は0.17倍(35ミリ換算0.34倍)、最短撮影距離は0.25メートル(撮像面より)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう