ニュース
» 2012年05月28日 16時19分 UPDATE

“LUMIX”「DMC-FX90」にスマホからの操作を可能にする新ファームウェア

パナソニックは“LUMIX”「DMC-FX90」の無線LAN機能を拡張し、スマートフォンからの操作を可能にする新ファームウェアの提供を開始した。

[ITmedia]

 パナソニックは5月28日、コンパクトデジタルカメラ“LUMIX”「DMC-FX90」のワイヤレス機能を拡張し、スマートフォンとの連携を高めるファームウェアを同日より提供開始すると発表した。

 本ファームウェアを適用した後にスマートフォンアプリ「LUMIX remote」を利用することで、iOSおよびAndroidの液晶画面をファインダー代わりにしてのライブビューおよび、シャッター及びズームを行える。また、鏡像反転したライブビュー表示を行う「自分撮りモード」も追加される。対応OSはiOSが4.3以上、Androidが2.3以上。

photophoto “LUMIX”「DMC-FX90」

 DMC-FX90は2011年9月発表の無線LAN搭載コンパクトデジカメで、撮影画像を無線LAN経由でスマートフォンやパソコン、デジタルレコーダーなどへ転送する機能を備えている。今回の新ファームウェアによって、スマートフォンからの操作にも対応することとなった。撮像素子は1/2.33型 有効1210万画素“ハイスピードCCD”で、レンズは35ミリ換算24〜120ミリ相当の光学5倍ズームレンズを組み合わせている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう