ニュース
» 2012年06月15日 14時17分 UPDATE

シグマ、470グラムの高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」

シグマが高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」を発売する。13倍の倍率を持ちながら小型軽量で、35センチ(全域)の最短撮影距離も実現した。

[ITmedia]

 シグマは6月15日、高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」を6月29日より順次、販売開始すると発表した。価格は8万4000円。

 既存「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM」から光学設計を見直すことで、本体の小型化と35センチ(全域)の最短撮影距離を実現、最大撮影倍率も1:2.9(35ミリ換算1:2)と本格的なマクロ撮影も行える利便性の高い約13倍の高倍率ズームレンズ。

photo 「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」

 温度による収縮の影響を受けにくい複合材「TSC」を鏡胴へ用いることで、高い弾性力と金属部品との高親和性を実現したほか、部品のスリム化にも寄与している。シャッタースピード約4段分の効果を持つ手ブレ補正機構「OS」を搭載するほか、スーパーマルチレイヤーコートの採用によって、フレアやゴーストの発生も抑制する。

 レンズ構成は13群16枚で、フィルターサイズは62ミリ径。高倍率ズームレンズながら73.5(最大径)×88.6(全長)、470グラムのコンパクトサイズで、旅行などでの常用レンズにも適する。

関連キーワード

OS | 撮影 | マクロ撮影 | 小型化 | SIGMA | 旅行


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう