ニュース
» 2012年06月29日 14時00分 UPDATE

「SIGMA DP2 Merrill」の発売日が決定 実売想定価格は9万9800円

シグマは7月の発売を準備していた、デジタルカメラ「SIGMA DP2 Merrill」の発売日を告知した。

[ITmedia]

 シグマは6月29日、同社は5月末に「7月の発売を目指して準備」であることを告知していたデジタルカメラ「SIGMA DP2 Merrill」の発売日を7月12日と発表した。価格はオープンで、実売想定価格は9万9800円。

photophoto 「SIGMA DP2 Merrill」

 SIGMA DP2 Merrillに搭載されている撮像素子である、新型「Foveon X3」(コードネーム:Merrill)は「圧倒的な解像感と豊かな階調表現による自然で立体感のある描写」(同社)を実現するという。

 センサーサイズは23.5(幅)×15.7(高さ)ミリで、有効画素数は4600万画素(4800×3200×3層 R/G/B)。画像処理エンジン「TRUE II」のデュアル構成となっており、RAWでの最大7コマ連続撮影やRAW+JPEGの同時期録も行える。レンズは35ミリ換算45ミリ相当/開放F2.8の単焦点レンズを搭載しており、FLDガラスやグラスモールド非球面レンズなどの採用によって収差を最低限に抑制している。

 AFは9点のフレームから選択する9点選択モード、フレーム位置を自由に移動できる自由移動モードを備え、新たに用意されたAF+MFモードではAFでピント合わせを行った後にフォーカスリングで微調整が行える。

関連キーワード

SIGMA DP2 | SIGMA | Foveon


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.