ニュース
» 2012年07月06日 17時30分 UPDATE

「EOS Kiss X6i」一部製品に外装ラバーが変色する可能性

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」の一部製品について、外装ラバーの一部が短期間で白く変色する可能性があると告知した。対象製品については外装ラバーを無償で交換する。

[ITmedia]

 キヤノンは7月6日、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」の一部製品について、外装ラバーの一部が短期間で白く変色する可能性があると告知した。

 対象となる製品は機番が「左から2桁目の数字が“3”または“4”」であり、「6桁目の数字が“1”」の一部で、確認は告知ページより機番を入力することで行える。対象製品についてはラバーをサービスセンターにて無償交換する。交換は7月10日より行われる予定。

photophoto

 EOS Kiss X6iはバリアングル液晶の搭載を含めた外観こそEOS Kiss X5から大きな変更は行われていないものの、EOSシリーズ初のAF方式「ハイブリッドCMOS AF」やEOS Kissシリーズ初のDiGiC 5と9点オールクロスAF搭載など、内部は大きな進化を遂げた製品。ボディのみ、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」とのレンズキット、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」を組み合わせたダブルズームキット、新レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」とのレンズキットが用意されている。

 実売想定価格はボディのみが9万円前後、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIとのレンズキットが10万円前後、ダブルズームキットとEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMとのレンズキットが13万円前後。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう