ニュース
» 2012年07月25日 15時03分 UPDATE

スマートフォンから操作可能なスリムデジカメ“LUMIX”「DMC-SZ5」

無線LANによるスマートフォンとの連係機能を備えたコンパクトデジカメ“LUMIX”「DMC-SZ5」をパナソニックが発売する。画像転送のほか、スマートフォンからの遠隔撮影も可能だ。

[ITmedia]

 パナソニックは7月25日、スマートフォンとの連係機能を備えたコンパクトデジタルカメラ“LUMIX”「DMC-SZ5」を8月23日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万5000円前後。

photophoto “LUMIX”「DMC-SZ5」

 新製品は本体に無線LAN機能を搭載しており、スマホアプリ「LUMIX LINK ver.2」(iOS/Android)をインストールしたスマートフォンからの遠隔撮影や撮影画像のスマートフォンへの転送などを行える。スマートフォンで取得した位置情報を写真に付加することも可能であるほか、LUMIX LINK ver.2にはSNSへの投稿機能も備えており、スマートフォンからの操作によって、カメラで撮影した画像をSNSへ投稿することも可能だ。

 また、無線LANアクセスポイントの事前設定が必要となるが、クラウドサービス「LUMIX CLUB PicMate」を介してパソコンやAV機器などへ撮影画像を自動的に転送する「おまかせ画像転送」も用意されている。この機能は本体の充電をキーとして転送が開始され、また、差分のみの転送も設定可能であることから、快適な保存が行える。

 レンズは35ミリ換算25〜250ミリの光学10倍ズームレンズで、撮像素子には1/2.33型 有効1410万画素 CCDを搭載する。背面液晶は3型(23万画素)で、本体サイズは約104.1(幅)×57.6(高さ)×20.8(奥行き)ミリ、約136グラム(バッテリー、メモリカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう