ニュース
» 2012年08月07日 15時34分 UPDATE

11の機能強化、キヤノン「EOS 7D」新ファームウェア提供開始

キヤノンは8月7日、「EOS 7D」の新ファームウェアを提供開始した。予告されていた通り11の機能強化が施されるほか、不具合の修正もあわせて行われる。

[ITmedia]

 キヤノンは8月7日、「EOS 7D」の新ファームウェアを提供開始した。予告されていた通り、11の機能強化が施されるほか、不具合の修正もあわせて行われる。

  • 連写撮影枚数の向上(JPEGラージ/ファイン126枚→130枚、RAW15枚→25枚、RAW+JPEG6枚→17枚)
  • GPSレシーバー「GP-E2」への対応
  • ISOオート時の上限感度設定が可能に
  • RAW画像のカメラ内現像
  • 再生時に「Q」ボタンによるクイック設定
  • 画像レーティング機能の追加
  • JPEG画像のカメラ内リサイズ
  • 動画撮影時の録音レベルマニュアル調整
  • 画像ファイル名の任意設定
  • タイムゾーン設定機能の追加
  • 再生拡大時の画面スクロール高速化

 機能強化は以上で、外部ストロボを用いて断続的な連続発行をした際にシャッタースピードが長時間になることがある不具合と、動画Exif情報の色空間情報の修正が行われる。

photo EOS 7D

関連キーワード

EOS | キヤノン | RAW | APS-C | DIGIC | ファームウェア | HD動画


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.