ニュース
» 2012年08月21日 15時48分 UPDATE

無線LAN搭載メモリーカード「FlashAir」が「guPix」と連携

無線LAN搭載メモリーカード「FlashAir」がリプレックスのフォトブラウジングソフト「guPix」の機能連係を搭載した。撮影画像が自動的にPCやスマートフォンにプレビュー表示される。

[ITmedia]

 東芝セミコンダクター&ストレージ社は8月21日、無線LAN搭載メモリーカード「FlashAir」とリプレックスのフォトブラウジングソフト「guPix」の機能連係開始を発表した。

 本連係機能を利用することで、FlashAirをセットしたデジカメで写真を撮ると、guPixのインストールされたPCやスマートフォン、タブレットなどへ自動的にプレビューが表示される。PCやスマートフォンから、WebブラウザでFlashAirへアクセスせずとも撮影画像が確認できるため、利便性の向上が期待できる。

 guPixはAndroid OSならびにWindows版が用意されており、Android OS版は2.2/2.3/3.0/3.1/3.2/4.0に、Windows版はXP(SP3以上)/Vista(SP2以上)/7に対応する。いずれも無料。なお、連係機能を利用するためにはFlashAirのファームウェアを最新版(1.00.03以上)にしておく必要がある。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.