ニュース
» 2012年08月22日 13時40分 UPDATE

ニコン、Android OS搭載コンパクトデジカメ「COOLPIX S800c」

ニコンがAndroid OSを搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を発売する。1600万画素センサーに光学10倍ズームを搭載し、スマホカメラと一線を画した描写を可能とした。

[ITmedia]

 ニコンは8月22日、Android OSを搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を9月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万8000円前後。

photophoto 「COOLPIX S800c」

 外観は一般的なコンパクトデジタルカメラながら、Android 2.3.3と無線LAN機能を搭載しており、スマートフォンを操作するようにインターネット接続や文字入力、ソーシャルネットワークサービスへの画像投稿などを行える。3GやLTEなどの通信機能は備えておらず、また、電話としての利用も行えない。

 出荷時点で「Google+」「YouTube」「Gmail」「Googleマップ」といったアプリがカメラ内にインストールされており、開封後すぐに利用できるほか、その他アプリをGoogle Playから入手して利用することもできる。同社からは、カメラよりスマートフォン/タブレットへ撮影画像をワイヤレス転送するアプリも後日提供される予定となっている(転送アプリはiOS版も提供予定)。

photophoto ホーム画面からGoogle Mapを起動

 GPS(A-GPS)も搭載しており、撮影した写真へジオタグを付加することも可能だ。内部には画像保存用として約1.7Gバイト、アプリケーション保存領域として約680Mバイトのメモリが搭載されている。なお、Android OSのバージョンアップには対応しない。

photo 背面にはタッチパネル式の3.5型/約82万画素 有機ELディスプレイを搭載する

 搭載する撮像素子は有効1602万画素 裏面照射型CMOSセンサーで、レンズには35ミリ換算25〜250ミリの手ブレ補正機構付き光学10倍ズームレンズを組み合わせる。背面にはタッチパネル式の3.5型/約82万画素 有機ELディスプレイを搭載しており、サイズは約111.4(幅)×60(高さ)×27.2(奥行き)ミリ、約184グラム(バッテリー、メモリカード含む)。


photophoto 操作する様子は遠目から見るとスマートフォンのように見える(写真=左)、本体に3GやLTEなどは用意されていないので、インターネットへ接続するにはWiFiルーターやスマートフォンのデザリング機能を利用することになる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.