ニュース
» 2012年08月22日 22時51分 UPDATE

オリンパス、24倍ズームと8倍双眼鏡をセットした“大望遠セット”

オリンパスが、光学24倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SZ-14」に8倍双眼鏡「Trip light 8X21 RCII」をセットした“大望遠セット”「OLYMPUS SZ-14 DX」を発売する。

[ITmedia]

 オリンパスは8月22日、光学24倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SZ-14」に8倍双眼鏡「Trip light 8X21 RCII」をセットした“大望遠セット”「OLYMPUS SZ-14 DX」を8月下旬より販売開始すると発表した。

photophoto 「OLYMPUS SZ-14」(写真=左)と「Trip light 8X21 RCII」(写真=右)

 「OLYMPUS SZ-14」は今年2月に発表された、35ミリ換算25〜600ミリの光学24倍ズームレンズを搭載した高倍率ズームモデル。撮像素子は1/2.3型 有効1400万画素CCDを搭載するほか、手ブレ補正はCCDシフト式と高感度撮影を併用する「DUAL IS」も備えている。

 セットされる双眼鏡「Trip light 8X21 RCII」はダハプリズム式の双眼鏡で、190グラムと軽量なほか折り畳みが可能となっており、携行性に優れる。目当てリング、視度調整リングも設けられており、メガネの着用者や左右の視力が異なる場合でも快適に利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう