ニュース
» 2012年08月31日 14時00分 UPDATE

シグマ 4600万画素コンパクトデジカメ「SIGMA DP1 Merrill」発売

シグマはコンパクトデジタルカメラ「SIGMA DP1 Merrill」を9月14日より販売開始すると発表した。価格はオープンで実売想定価格は9万9800円。

[ITmedia]

 シグマは8月31日、コンパクトデジタルカメラ「SIGMA DP1 Merrill」を9月14日より販売開始すると発表した。価格はオープンで実売想定価格は9万9800円。新製品は2月に兄弟機の「SIGMA DP2 Merrill」と同時に製品発表が行われ、CP+の同社ブースにも展示されていたが、販売開始はDP2 Merrillが先行していた。

 レンズ以外はDP2 Merrillとほぼ同様の構成で、レンズには35ミリ換算28ミリ相当 開放F値 F2.8の単焦点レンズを搭載する(DP2 Merrillのレンズは35ミリ換算45ミリ相当 開放F値 F2.8)。レンズはFLDガラス1枚、グラスモールド非球面レンズ2枚、高屈折率ガラス1枚を含む8群9枚構成で、スーパーマルチレイヤーコートの採用によってフレアやゴーストの発生も低減している。

photophoto 「SIGMA DP1 Merrill」

 撮像素子はもちろん「Foveon X3」(コードネーム:Merrill)で、センサーサイズは23.5(幅)×15.7(高さ)ミリ。有効画素数は4600万画素(4800×3200×3層 R/G/B)。画像処理エンジン「TRUE II」はデュアル構成となっており、RAWでの最大7コマ連続撮影やRAW+JPEGの同時期録も行える。

 AFは9個のフォーカスフレームから選択する「9点選択」と任意の位置にフォーカスフレームを移動できる「自由移動」の2モードを用意しており、フォーカスフレームのサイズも3段階に調整できる。AF動作中のライブビューを止めることでAFの速度を高める「速度優先AFモード」のほか、AFの後にMFでピントの微調整を行う「AF+MFモード」も用意されている。

 背面液晶は3型(92万画素)で、ボディサイズは121.5(幅)×66.7(高さ)×64.3(奥行き ミリ)、360グラム。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)。本体上部にはホットシューが用意されており、同社「SD」シリーズ用ストロボ「EF-610 DG SUPER」などを装着できる。

関連キーワード

SIGMA DP2 | SIGMA DP1 | RAW | Foveon | SIGMA


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.