ニュース
» 2012年09月06日 14時07分 UPDATE

AFスピード高速化など、「FUJIFILM X-Pro1」に最新ファームウェア

富士フイルムは「FUJIFILM X-Pro1」の最新ファームウェアを提供開始する。適用することでAFスピードの高速化など、さまざまな機能強化が行われる。

[ITmedia]
photo 「FUJIFILM X-Pro1」

 富士フイルムは9月6日、「FUJIFILM X-Pro1」の最新ファームウェア「Ver2.00」を9月18日より提供開始すると発表した。適用することでAFスピードの高速化など、さまざまな機能強化が行われる。

 AFについては新ファームの適用によって新アルゴリズムが導入されることとなり、暗所撮影時を含めた速度向上が図られるほか、マクロ撮影時のフォーカス性能も向上する。加えて各所操作レスポンスの向上も図られており、連写やブラケット撮影後のデータ確認(EVFおよび背面液晶)も適用前に比べて高速化する。SDメモリーカードへの書き込み速度も最大2倍まで高速化する。

 MF撮影時のフォーカスリング駆動量とピント移動量についても合致精度が高められ、また、背面コマンドダイヤルを回すことで偏光できる拡大倍率には、既存の10倍のほか、3倍が追加された。そのほか、ISO感度設定に「AUTO(6400)」が追加される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう