ニュース
» 2012年09月12日 13時00分 UPDATE

フルサイズセンサー搭載、レンズ交換式“ハンディカム”「NEX-VG900」

ソニーがレンズ交換式“ハンディカム”のフラグシップ「NEX-VG900」を発売する。35ミリフルサイズセンサーを搭載し、「ハンディカム史上最高画質」をうたう。

[ITmedia]

 ソニーは9月12日、レンズ交換式“ハンディカム”「NEX-VG900」を10月26日より販売開始すると発表した。レンズ付属キットは用意されずボディのみの販売で、価格はオープン。実売想定価格は35万円前後。

photo 「NEX-VG900」

 35ミリフルサイズ(35.8x23.9ミリ)総画素2430万画素の“Exmor”HD CMOSセンサーを搭載したシリーズフラグシップ機。同日発表された「α99」と同様、画素の低背化による集光効率向上や画素周辺回路の小型化による画素あたり受光面積拡大、「多点分離光学ローパスフィルター」などによって最高ISO25600の高感度、低ノイズ、高い解像感などを実現した。

 レンズマウントはNEX-VG20などと同じくEマウントだが、同梱のマウントアダプター「LA-EA3」によって、Aマウントレンズが利用できる(LA-EA3装着時はマニュアルフォーカスとなる)。EマウントレンズおよびAマウントのDTレンズを装着すると「APS-Cモード」が自動的に有効となり、自動クロップ(1.5倍)にて四隅のケラレを解消する(APS-Cモードはオフにすることも可能で、その際には電子ズームでケラレが出ない位置までズームする)。

photophoto

 ボディ本体にはシーソー式ズームレバーを搭載しており一定速度でのズーム操作を行えるほか、最大30秒のスローズームも行える。このほかアイリス/シャッター/ゲインを直接操作できるダイレクトキーが本体側面に設けられ、ホワイトバランス設定もマニュアルボタンへの割り当てによってワンボタン呼び出しが行える。ファインダーは235.9万画素相当の有機ELで、3型 92万画素のモニターはタッチパネル式となっている。

 記録形式はAVCHD 2.0およびMPEG-2で、1920×1080ピクセル時のフレームレートは60p/24p/60iから選択できる。搭載マイクはNEX-VG20と同様の無指向性4カプセルマイクで、オプションとして用意されるXLRアダプターキット「LXR-K1M」(8万4000円)を利用するとXLR端子を利用するプロ用マイクによる入力にも対応する。

iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう