ニュース
» 2012年09月12日 13時00分 UPDATE

操作性向上、新型電動ズームレンズも用意 レンズ交換式ハンディカム「NEX-VG30」

ソニーがレンズ交換式ハンディカムの新型「NEX-VG30」を発売する。ズームレバーなどで既存「NEX-VG20」より操作性を高めたほか、新型の電動ズームレンズを組み合わせたキットも用意する。

[ITmedia]

 ソニーは9月12日、レンズ交換式“ハンディカム”「NEX-VG30」を12月14日より販売開始すると発表した。ボディのみ、電動ズームレンズ「E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS」(SELP18200)をセットしたNEX-VG30(H)が用意され、価格はいずれもオープン。実売想定価格はボディのみが18万円前後、レンズキットが27万円前後。

photo 「NEX-VG30(H)」

 レンズマウントにEマウントを採用し、総画素1670万画素のAPS-Cサイズ(23.5×15.6ミリ)“Exmor”APS HD CMOSセンサー搭載したレンズ交換式デジタルビデオカメラで、シーソー式ズームレバーや235.9万画素相当の有機ELファインダー、2軸ホワイトバランス、マルチインタフェースシューの採用などで既存モデル「NEX-VG20」から操作性の向上を図った後継モデル。

photophoto

 NEX-VG30(H)に付属するズームレンズ「E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS」(SELP18200)は、本体ズームレバーおよび鏡胴側面での電動ズーム操作可能なモデルで、ズームスピードは6段階に調整できる。手ブレ補正“アクティブ”モードにも対応し、手ブレ補正「OSS」も備える。NEX-VG10/20での利用も可能だが、レンズ単体での販売は現時点で予定されていない。

 サイバーショットなどに採用されている「ピクチャーエフェクト」も利用でき、動画に11種類、静止画には13種類のエフェクトを適用できる。そのほかの基本的な使用はNEX-VG20を踏襲しており、AVCHDにてフルHD60i/60p/24pの記録が行える。720×480ピクセルでのMPEG-2録画も可能。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)、メモリースティック(PROデュオ、PRO-HGデュオ、XC-HGデュオ)。

news009.jpg

→「NEX-VG30」をソニーストアでチェックする
電動ズームレンズに対応するズームレバー搭載


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう