ニュース
» 2012年09月18日 14時00分 UPDATE

富士フイルム、諸収差を抑制した超広角単焦点レンズ「XF14mmF2.8 R」

富士フイルムがXマウントの超広角単焦点レンズ「XF14mmF2.8 R」を発売する。高度な光学設計によって歪曲収差を最小限に抑制した

[ITmedia]

 富士フイルムは9月18日、Xマウントレンズ「XF14mmF2.8 R」を12月より販売開始すると発表した。価格はオープンで実売想定価格は8万円前後。

photo 「XF14mmF2.8 R」

 35ミリ換算21ミリ相当となる超広角単焦点レンズで、開放F値はF2.8。非球面レンズ2枚と異常分散レンズ3枚を用いた7群10枚構成によって歪曲収差を徹底的に抑制、中央から周辺まで高い解像度を実現したという。

 鏡胴には1/3EVステップの絞りリングを備えており、露出や被写界深度の微妙なコントロールを行えるほか、距離指標と被写界深度指標のついたフォーカスリングも備えており、指標を目安としたマニュアルフォーカスも可能としている。最短撮影距離は18センチで、最大撮影倍率は0.12倍。サイズは65(最大径)×58.4(全長)ミリ。

photo Xレンズのレンズロードマップ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう