ニュース
» 2012年09月21日 15時57分 UPDATE

photokina 2012:NEX新製品 「NEX-5R」「NEX-6」に触れる

ソニーブースでは、日本国内でも年内発売がアナウンスされたNEXシリーズの新製品「NEX-5R」と「NEX-6」が数多く実写可能な状態で展示されている、

[ITmedia]

 “フルサイズ推し”が耳目を集めるソニーだが、photokina同社ブースには日本国内でも年内の発売がアナウンスされたNEXシリーズの新製品「NEX-5R」と「NEX-6」が数多く展示されており、実際に手にとって撮影可能だ。

photophoto 「NEX-5R」(写真=左)、「NEX-6」(写真=右)

 NEX-5Rは新機能として撮像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせたハイブリッドAFを搭載するほか、無線LANも備える。撮像素子は、APS-Cサイズ 有効1610万画素のExmor APS HD CMOSセンサーとなる。

 加えて「PlayMemoriews Camera Apps」とよばれるアプリケーションプラットフォームを採用しており、撮影画像のスマートフォンへの転送やピクチャーエフェクトによる加工、各種ブラケット撮影などを行える。アプリケーションは6種類がプリセットされ、今後は追加も可能となる。

 基本的に外観は既存モデル「NEX-5N」とほぼ同じだが、比較するとチルト液晶の可動範囲が広がりNEX-F3のような自分撮りが可能となったほか、上面には電子ダイヤルと「Fn」ボタンが新設され、より操作性を高めている。なお、Fnボタンは押すことでAF/MF切り替えやフォーカスモード、ホワイトバランスなど撮影諸設定へ素早くアクセスできる。

photophotophoto 液晶は自分撮り可能なタイプ(写真=左)、上面には電子ダイヤルとFnボタン(写真=中)、Fnボタンを押したところ(写真=右)

 一方のNEX-6は約236万画素相当の有機EL EVFを搭載しており、外観的にはよりNEX-7に近い。ストロボ内蔵、チルト式液晶などもNEX-7と共通する。ただ、上面にはP/A/S/Mなどを選択できる撮影モードダイヤルが設けられており、NEX-7の特徴であるトライダイヤルナビは導入されていない。

 こちらもNEX-5Rと同様、撮像素子はAPS-Cサイズ 有効1610万画素のExmor APS HD CMOSセンサーで、撮像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせたハイブリッドAFと無線LAN、「PlayMemoriews Camera Apps」を搭載している。NEX-6と合わせて新たに電動ズームレンズ「SELP1650」も用意され、こちらはNEX-6とのレンズキットに採用されている。

photophotophoto 撮影モードダイヤルを有する「NEX-6」(写真=左)、NEX-7とならべて(写真=中)、背面(写真=右)
photophotophoto NEX-7と同等のEVFを搭載する(写真=左)、電動ズームレンズ「SELP1650」との組み合わせ(写真=中)、撮影時画面(写真=右)

 両モデルに導入されている「PlayMemoriews Camera Apps」だが、まずはスマートフォンやタブレットへのダイレクトアップロード、スマートフォンなどをリモコンとするスマートリモートコントロール、ピクチャーエフェクト、フォトレタッチ、マルチフレームノイズリダクション、各種ブラケット撮影の6つがプリインストールされる。アプリケーションの追加入手など管理はPCを接続することなくカメラ単体で行えるようだが、追加入手についてはブース内に有効な無線LANがなかったために確認できなかった。

photophotophoto メインメニューの中に「Application」の文字が見える(写真=左)、アプリケーション一覧(写真=中)、アプリの管理や追加入手もカメラ単体で行える

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.