レビュー
» 2012年09月27日 00時10分 UPDATE

使いやすくなった「2」 「Nikon 1 J2」をJ1ユーザ目線でチェックする (2/4)

[mi2_303,ITmedia]

Nikon 1 J1との違い

 次は、J2はJ1とどう違うのかという点を中心に見ていこう。

 まずは、外観の違いとしてボディカラーのレッド/ピンクには前面に細かいテクスチャが設けられてる。パターンが細かく、一見するとザラザラの手触りに感じそうだが、凹凸が少ないきめ細かいテクスチャとなっており思っていたよりも手触りは滑らか。光沢のある塗装でこのテクスチャ感を強調しているようだ。

photo J2とJ1を並べて。正面から見る限り、大きな違いはない
photophoto ポップアップ式ストロボを内蔵する(写真=左)、レッドのボディにはテクスチャー加工がされている(写真=右)
photophoto 。側面のカバーの中にはUSBとHDMI(写真=左)。バッテリーはJ1と同じ「EN-EL20」で、SDカードはUHS-Iにも対応している(写真=右)

 背面のレイアウトは、J1と基本的に同じだがボタンの形状が変更され、押しやすくなったことはもちろんだが、ロータリーマルチセレクターとの操作の一体感が生まれ、指の移動が最小限になってるのは見逃せないポイントだ。液晶モニターはJ1の約46万画素から約92万画素へ解像度がアップし、上位機種であるV1と同じ解像度となった。J1の液晶に解像感がなかったわけではないものの、J2の約92万画素液晶は、とにかくクリアに見える印象だ。

photophoto 背面の基本レイアウトはJ1と変わらない(写真=左)。撮影モードダイヤル、ロータリーマルチセレクターとその周りのボタンに細かい変更が施された(写真=右)

 液晶解像度アップのほか、撮影モードダイヤルに「クリエイティブモード」が追加された。クリエイティブモードと聞いても今ひとつピンとこないと思うが、従来は設定メニュー内で分かれていた「おまかせオート」と「P/A/S/M」モードをダイヤル上に分けることで分かりやすくしている。緑のカメラマークはおまかせオート、クリエイティブモードは露出やデジタルフィルターなどを使うモードと、分かりやすくすることが狙いといえる。

 そのクリエイティブモードには、通常のP/A/S/Mに加え、「夜景」「夜景ポートレート」「逆光」「かんたんパノラマ」「ソフト」「ミニチュア効果」「セレクトカラー」といった撮影モードが追加されている。シーンモードとデジタルフィルターが混在する形となったものの、同社のコンパクトデジカメ「COOLPIX」でお馴染みの機能がJ2でも使えるようになっている。

photophoto クリエイティブモード時に「F」ボタンを押すと、シーンセレクトのメニューが表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.