ニュース
» 2012年10月05日 15時48分 UPDATE

低輝度環境に強い「PENTAX K-5 II/II s」発売日決定

ペンタックスは新開発のAFモジュールを搭載し、低輝度下での高いAF性能を発揮するデジタル一眼レフ「PENTAX K-5 II」ならびに「PENTAX K-5 IIs」の発売日を発表した。

[ITmedia]

 ペンタックスは10月5日、デジタル一眼レフ「PENTAX K-5 II」ならびに「PENTAX K-5 IIs」の発売日を10月19日と発表した。

photophoto 「PENTAX K-5 II」(写真=左)、「PENTAX K-5 II s」(写真=右)

 PENTAX K-5 IIについては「ボディキット」(ボディ単体)と、レンズ「smc PENTAX-DA 18-135 F3.5-5.6 EDAL [IF] DC WR」の付属する「18-135WRレンズキット」、PENTAX K-5 II sについては「ボディキット」が用意され、実売想定価格はK-5 IIボディキットが11万円前後、K-5 II 18-135WRレンズキットが16万円前後、K-5 II sボディキットが12万円台半ば。

 新製品はAFモジュールに「SAFOX X」を採用することで「低輝度時におけるクラス最高のAF性能を実現」(同社)という、−3EV〜+18EVのAF輝度範囲を実現したK-5の後継モデル。撮像素子は有効1628万画素APS-Cサイズ(23.4×15.6ミリ)のCMOSセンサーで、画像処理エンジンには「PRIME II」を組み合わせる。PENTAX K-5 IIsはローパスフィルター非搭載モデル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.