ニュース
» 2012年10月18日 13時55分 UPDATE

「α」4モデルに自動補正対応レンズ追加などの最新ファームウェア

ソニー「α77」「α65」「α57」「α37」の最新ファームウェアが提供開始された。自動補正対応レンズが追加されるほか、α77/65では「MOVIE」ボタンの有効/無効設定機能も追加される。

[ITmedia]

 ソニーは10月18日、デジタルカメラ「α77」「α65」「α57」「α37」の最新ファームウェアを提供開始した。バージョンはα77/65向けが1.06、α57/37向けが1.03。適用することで自動補正対応レンズが追加されるほか、α77/65では「MOVIE」(動画)ボタンの有効/無効設定機能も追加される。

 自動補正対応レンズとして追加されるのは、以下の8本。

  • 「DT 30mm F2.8 Macro SAM」(SAL30M28)
  • 「50mm F1.4」(SAL50F14)、
  • 「Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM」(SAL2470Z)
  • 「28-75mm F2.8 SAM」(SAL2875)
  • 「70-400mm F4-5.6 G SSM」(SAL70400G)
  • 「70-200mm F2.8 G」(SAL70200G)
  • 「35mm F1.4 G」(SAL35F14G)
  • 「Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM」(SAL1635Z)
photophoto 「α77」(写真=左)、「α37」(写真=右)

関連キーワード

カメラ | ミラーレス一眼 | ソニー | α


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう