ニュース
» 2012年10月23日 19時17分 UPDATE

ケンコー・トキナー、“レンズベビー”の入門モデル「スパーク」

ケンコー・トキナーは“レンズベビー”の入門モデルとして、「レンズベビー スパーク」を発売した。キヤノンEFおよびニコンFマウント用が用意される。実売想定価格は1万2800円前後。

[ITmedia]
photo 「レンズベビー スパーク」

 ケンコー・トキナーは“レンズベビー”の入門モデルとして、「レンズベビー スパーク」を10月23日より販売開始した。価格はオープンで、実売想定価格は1万2800円前後。キヤノンEFおよびニコンFマウント用が用意される。

 レンズを傾けることで、流れるようなボケを得られる「レンズベビー」の入門モデルで筐体素材にプラスチックを採用することで約85グラムの軽量ボディとした。絞り値はF5.6固定。撮影時には鏡胴の蛇腹をたわめることでピント調整を行い、カメラ側はマニュアル露出としてシャッタースピードで明るさを調整する。

 エントリーモデルだがレンズベビーシリーズの光学系交換システムに対応しており、別売レンズユニットを利用することも可能だ(一部レンズユニットは重量バランスの問題から利用は推奨されていない)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう