ニュース
» 2012年10月25日 10時52分 UPDATE

コントラストAF性能向上など、「K-30」新ファームウェア

ペンタックスがデジタル一眼レフ「K-30」の新ファームウェア(バージョン1.01)を提供開始した。適用することで全体的な動作安定性が向上するほか、コントラストAFの性能も向上する。

[ITmedia]

 ペンタックスは10月25日、デジタル一眼レフ「K-30」の新ファームウェア(バージョン1.01)を提供開始した。

 適用することで全体的な動作安定性が向上するほか、コントラストAFの性能も向上する。

 K-30は防じん防滴性能や視野率約100%のガラスプリズムファインダーなど充実した機能を約128.5(幅)×96.5(高さ)×71.5(奥行き)ミリのコンパクトなボディへ備えたコストパフォーマンスに優れるミドルクラスモデル。撮像素子は有効1628万画素 APS-Cサイズ(23.7×15.7ミリ)CMOSセンサーを搭載する。

photophotophoto 「K-30」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.