ニュース
» 2012年10月30日 13時00分 UPDATE

EVF搭載、一眼らしさを高めたNEXミドルモデル 「NEX-6」

ソニーがEマウントのミラーレスカメラ「NEX-6」を発売する。ISO25600対応センサーや像面位相差AFなど基本性能を高め、有機ELのEVFや露出モードダイヤル、ホットシューを搭載することでより一眼らしさも高めた。

[ITmedia]

 ソニーは10月30日、海外にて先行発表していたEマウントのミラーレスカメラ「NEX-6」を11月16日より販売開始すると発表した。ボディ単体、電動ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」をセットしたパワーズームキット、加えて「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」もセットしたダブルズームレンズキットが用意され、いずれも価格はオープン。

 実売想定価格はボディ単体(NEX-6)が9万5000円前後、パワーズームキット(NEX-6L)が11万円前後、ダブルズームレンズキット(NEX-5RY)が12万円前後。

photo 「NEX-6」 レンズはパワーズームキットに付属する電動ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」
photophoto

 同時発表されたNEX-5Rと同様、エリア分割ノイズリダクションに対応した新型撮像素子や像面位相差AF/コントラストAFを併用する「ファストハイブリットAF」などでカメラの基本性能を向上させつつ、撮影(露出)モードダイヤルと有機ELのEVFを設けることでより「一眼らしい」操作性を実現している。

photophoto

 撮影(露出)モードダイヤルは電子ダイヤルと2段に設けられており、撮影時には同一平面上のファンクションボタン、ならびに背面のコントロールホイールを併用することで素早い設定変更が行える。グリップ形状はシリーズ最上位機種「NEX-7」の形状を継承しつつ、2段ダイヤルの操作性も考慮する形でブラッシュアップされている。

 EVFは約235.9万画素/0.5型の有機ELを利用した「XGA OLED Tru-Finder」で、NEX-7と同等の部材を試用しながら画質面での向上も果たしている。視野率は100%で、倍率は約1.09倍。アイポイントは接眼枠から約21ミリ。撮影中には各種基本情報やヒストグラム、水準器のオーバーレイ表示も行える。

 撮像素子のサイズと画素数はNEX-5Rと同様のAPS-Cサイズ 有効1610万画素だが、画像を平坦/エッジ/テクスチャの3領域に分割してそれぞれに応じたノイズリダクション処理を行う「エリア分割ノイズリダクション」を搭載しており、一層の高感度/低ノイズを実現した。ISO感度はISO100〜25600に対応する。

 「ファストハイブリットAF」は、撮像素子中心部に配置された位相差AFセンサーでおおまかな測距を行い、その後にコントラストAFでピントを追い込む方式で、2つのAFを併用することで動作時にはAF追従で最高10コマ/秒という高速なAF動作を期待できる。位相差AFの測距点は99点、コントラスト検出の測距点は25点。

 ファストハイブリットAFが有効となるのは画面中央エリアのみとなり、エリアを外れている被写体へピントを合わせる場合はコントラストAFでの測距となる。レンズ側の対応も必要となるため、ボディとセット販売される以外の既存EマウントレンズのファストハイブリットAF対応については、まず「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」「E 18-200mm F3.5-6.3 OSS」「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」「Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA」の4本について対応ファームウェアの提供が行われ、他のレンズについては順次対応する予定となっている。

 無線LAN機能も搭載しており、これによってPCおよびスマートフォンへの転送/保存やDLNAを利用しての家庭用テレビを使っての鑑賞などが行える。また、無線LANを使ってカメラ本体へ直接、機能追加のアプリケーションを導入する「PlayMemorys Camera Apss」も利用できる。

 アプリケーションはまず、合計13種類のエフェクトを利用できる「ピクチャーエフェクト+」、スマートフォンをリモコン代わりとする「スマートリモコン」、Facebookなどへデータを直接アップロードする「ダイレクトアップデート」、7種のフォトレタッチを利用できる「フォトレタッチ」が順次無償提供され、その後に、各種ブラケット撮影を行える「ブラケットPro」(500円)、連写合成によるノイズ低減を指定したISO感度で行う「マルチショットNR」(500円)、タイムラスプ撮影を行える「タイムラプス」(価格未定)、画面内の1カ所だけが動画として保存される「シネマフォト」(価格未定)などが有償にて提供される予定となっている。

 本体サイズは約119.9(幅)×66.9(高さ)×42.6(奥行き)ミリ、約345グラム(バッテリーおよびメモリースティックPROデュオ含む)。背面液晶はチルト式の(3型ワイド 約92万画素)で、NEX-5Rとは異なり、タッチパネルには非対応。本体には内蔵ストロボ(GN6)を搭載するほか、「マルチインターフェースシュー」を備えており、「HVL-F60M」など外付けストロボの装着も可能だ。

iconicon iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう