ニュース
» 2012年11月09日 16時55分 UPDATE

「XF18-55mmF2.4-4 LM OIS」対応 FUJIFILM X-Pro1最新ファームウェア

富士フイルムが「FUJIFILM X-Pro1」の最新ファームウェアを提供開始した。新発売のズームレンズ「XF18-55mmF2.4-4 LM OIS」に対応するほか、いくつかの改善が行われる。

[ITmedia]

 富士フイルムは11月8日、FUJIFILM X-Pro1の最新ファームウェア「バージョン 2.01」を提供開始した。

 新ファームウェアを適用することで新発売のXマウント初のズームレンズ「XF18-55mmF2.4-4 LM OIS」に対応しレンズの各種情報を正しく取得できるほか、ズーム動作に連動してOVFのブライトフレームサイズが変化する。

photophoto 「FUJIFILM X-Pro1」と「XF18-55mmF2.4-4 LM OIS」

 加えて、MF時の画像拡大(アシスト)機能を「3倍」で選択した際にノイズが見えることがある事象の解消、「Mマウントアダプター」を利用した際に状況によっては画面が暗くなる事象の解消、「XF60mm F2.4R Macro」でのAF撮影時に、まれにAF精度が低下する事象の解消が図られる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう