ニュース
» 2012年11月15日 19時24分 UPDATE

オリンパス、ハイグレードスナップレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」を発売

オリンパスは大口径単焦点レンズ“ハイグレードスナップレンズ”「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」を12月中旬より販売開始する。価格は6万2475円。

[ITmedia]

 オリンパスは11月15日、マイクロフォーサーズ規格に準拠した交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」を12月中旬より販売開始すると発表した。価格は6万2475円。

 装着時35ミリ換算34ミリとなるF1.8の大口径単焦点レンズ。DSA(大偏肉両面非球面)レンズを含む非球面レンズ3枚、球面収差の補正能力が高いHR(高屈折率)レンズ1枚などを含む6群9枚構成ながら、57.5(最大径)×35.5(全長)ミリ、約120グラムと筐体の小型軽量化を実現した。

photophoto 「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」

 ゴーストやフレアを抑制には、ZERO(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティングが用いられており、このコーティングは波長450〜650nmの波長を従来の半分に抑えるほか、真空蒸着よって施されるために強度が高く、キズや劣化が生じにくいという特性も併せ持つ。

 AFにはギアを排除して金属軸と送りネジで制御を行う「MSC」(Movie and Still Compatible)機構を採用することで高い静粛性と高速性を実現。また、既存製品「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」に搭載されている、フォーカスリングを動かすことで指定距離へフォーカスが移動する「スナップショットフォーカス」も備えている。

 外装素材には金属を利用しており、素材感を合わせた新オプションとして金属レンズフード「LH-48B」(7350円)、金属レンズキャップ「LC-48B」(5250円)が12月中旬より販売開始される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.