ニュース
» 2012年11月20日 13時41分 UPDATE

CP+ 2013:「CP+2013」開催概要発表 「プロ向け動画」エリア新設も

カメラと写真の総合展示会「CP+2013」の開催概要が発表された。「プロ向け動画」エリアなど新エリアも準備されるほか、横浜市の写真イベント「フォト・ヨコハマ」との連携も多く行われる。

[ITmedia]

  カメラ映像機器工業会(CIPA)は11月20日、カメラと写真の総合展示会「CP+2013」の開催概要を発表した。

photo CIPA 代表理事会長 木村眞琴氏

 前回と同じく、カメラおよびレンズ、周辺機器メーカーがブースを構えて最新製品を展示するほか、各種の公演やワークショップが開催される。今回は新たな取り組みとして、デジタル一眼によるプロ向け動画ソリューションを紹介するエリアが設けられるほか、「カメラグランプリ」の30周年を記念した企画展が開催される。

 そのほかにも、プロが講師となってさまざまな写真撮影のテクニックを解説する「エンジョイフォトステージ」(2月2日〜3日)や日本広告写真家協会(APA)の写真展、日本写真館協会による家族写真撮影「ファミリー写真館」(事前予約制、当日受付若干数あり。500円)、参加型写真イベント「御苗場」などが行われる。

 同時期に開催される、横浜市主導の写真イベント「フォト・ヨコハマ」では、横浜美術館で行われる「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展との連携(CP+入場券提示にて入場料割引、パシフィコ横浜――横浜美術館の無料シャトルバス運行)を始め、プロカメラマン同行の撮影ツアーやカメラマン 渡部陽一氏のトークショー、など各種のイベントも行われる。

 CP+2013の開催場所は前回と同じくパシフィコ横浜で、開催期間は2013年1月31日(木)〜2月3日(日)の4日間。入場料は1000円だが、Webにて事前登録を行えば無料となる。出展社数は11月20日現在で96の社・団体が決定しており(昨年出展は106社・団体)、昨年の6万5120人を上回る7万人の動員を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう