ニュース
» 2012年12月26日 14時10分 UPDATE

東芝、コンパクトデジカメ向け1/2.3型 2000万画素CMOSセンサーを開発

東芝セミコンダクター&ストレージ社は、1/2.3型としては「業界最高解像度」(同社)となる有効2000万画素の裏面照射型CMOSセンサー「TCM5115CL」を開発、2013年夏より量産開始する。

[ITmedia]

 東芝セミコンダクター&ストレージ社は12月26日、1/2.3型としては「業界最高解像度」(同社)となる有効2000万画素の裏面照射型CMOSセンサー「TCM5115CL」を開発、2013年夏より量産開始すると発表した。

photo 「TCM5115CL」

 1.2マイクロメートルの微細画素を採用することで高画素を実現。また、微細化しながらも独自の画素設計技術とプロセス技術によって、同サイズ/1340万画素(1.34マイクロメートル)に比較して飽和電子数(単位画素あたりに蓄積可能な最大電子数)は単位面積あたり15%改善している。

 同社ではコンパクトデジタルカメラ向けCMOSセンサーの開発販売を強化し、2015年度には市場シェア30%を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう