ニュース
» 2013年01月07日 11時51分 UPDATE

シグマ、マクロに強いデジタル専用大口径標準ズーム「SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」

開放値F2.8、35ミリ換算25.5〜105ミリ相当をカバーする大口径標準ズームレンズをシグマが発売する。最短撮影距離22センチとマクロ撮影にも強い。

[ITmedia]

 シグマは1月7日、APS-Cサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフ用の標準ズームレンズ「SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSM」(シグマ、キヤノン用)を1月25日より販売開始すると発表した。価格は5万9850円。ニコン、ソニー、ペンタックス用については発売日未定となっている。

photo 「SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」

 35ミリ換算25.5〜105ミリ相当をカバーする大口径標準ズームレンズ。同社レンズのコンセプト「Contemporary」「Art」「Sports」のなかでは、高い光学性能とコンパクトさの両立を狙った「Contemporary」ラインに属する。利便性の高い焦点距離をカバーしながら、最大撮影倍率1:2.8/最短撮影距離22センチとなっており(テレ端でのワーキングディスタンスは5.52センチ)と、小物や料理などのマクロ撮影にも適する。

 手ブレ補正ユニットの小型化や機材レイアウトの最適化、鏡胴への複合材採用などによって既存同等品に対して約30%の小型化を実現。また、FLDガラス2枚、SLDガラス1枚、両面非球面レンズ3枚の採用で無限遠からマクロの領域までの画質を高めている。別売のUSB DOCKに対応しており、利用することでレンズファームウェアのアップデートや合焦位置の調整が行える。

 レンズ構成は14群16枚で最短撮影距離は22センチ。最大撮影倍率は1:2.8。サイズは79(最大径)×82(全長)ミリ、465グラム。フィルターサイズは72ミリ(数値はいずれもシグマ用)。パッケージには花形フード「LH730-03」が付属する。

関連キーワード

SIGMA | 手ブレ補正 | 交換レンズ | 新製品 | 高画質


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.