ニュース
» 2013年01月08日 11時00分 UPDATE

「世界最小」実現、60コマ/秒連写も可能な「Nikon 1 J3」

ニコンが「Nikon 1」シリーズの新製品「Nikon 1 J3」を発売する。「CXフォーマット以上のセンサーを搭載するレンズ交換式デジタルカメラとしては世界最小ボディ」を実現したほか、強力な連写性能も有する。

[ITmedia]

 ニコンは1月8日、「Nikon 1」シリーズの新製品「Nikon 1 J3」を2月より販売開始すると発表した。ボディのみ、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」を組み合わせた標準ズームキット、「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6」を組み合わせた小型10倍ズームキットが用意されいずれも価格はオープン。同社直販サイト「ニコンダイレクト」での販売価格はボディのみが6万9800円、標準ズームキットが7万9800円、小型10倍ズームキットが9万9800円。

photophotophoto
photophoto 「Nikon 1 J3」標準ズームレンズキット カラーはレッド、ホワイト、ブラック、シルバー、ベージュの5色

 より小型化を進め、「CXフォーマット以上のセンサーを搭載するレンズ交換式デジタルカメラとしては世界最小ボディ」となる約101(幅)×60.5(高さ)×28.8(奥行き)ミリを実現した小型モデル。

 センサーは13.2×8.8ミリ 有効1425万画素の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」。Nikon 1向けに動作を高速化した画像処理エンジン「EXPEED 3A」の搭載もあり、「世界最短」(同社)の撮影タイムラグを実現している。また、AF追従時で約15コマ/秒(AF固定ならば約60コマ/秒)の高速連写も行える。

 既存Nikon 1シリーズと同じく撮像素子面に位相差AFセンサーを配置しており、動体には位相差AF、暗所ではコントラストAFと使い分ける「アドバンストハイブリッドAFシステム」を搭載する。測距点は位相差AFが73点、コントラストAFが135点だ。

 撮影機能としては静止画の前後をスローモンション動画として記録する「モーションスナップショット」、シャッター全押しの前後20枚を連写してベストな1枚を選べる「スマートフォトセレクター」のほか、半押ししてピント合わせをした瞬間に20枚を連写しその画像をスロー再生しながらベストショットを選択できる「スロービュー」など、シリーズ製品の搭載してきたユニークな機能を引き続き搭載する。

 動画撮影についてはP/A/S/Mの各露出設定が可能な撮影モード「アドバンスト動画モード」を備えるほか、動画撮影中のフル画素静止画記録も行える。撮影モードには前述のアドバンスト動画モードのほか、オート、クリエイティブ、モーションスナップ、ベストモーメントキャプチャーの5種類から選択できる。オート撮影時には、「背景をぼかす」など分かりやすい言葉で効果を設定できる「ライブコントロール」が利用可能だ。

 背面液晶は3型/約92万画素で、別売のマウントアダプター「FT-1」を利用すればNIKKORレンズを利用できるほか、ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」(別売)を組み合わせれば、撮影した画像/動画をスマートフォンやタブレットへワイヤレス転送できる。カラーはレッド、ホワイト、ブラック、シルバー、ベージュの5色を用意する(ボディ単体発売はホワイトとブラックのみ)。

関連キーワード

撮影 | 動画 | Nikon 1 | NIKKORレンズ | EXPEED | ニコン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.