ニュース
» 2013年01月08日 16時41分 UPDATE

最薄部18.6ミリ 薄型デザインの8倍ズームスリムデジカメ「FinePix JZ700」

富士フイルムが薄型デザインを採用した、エントリークラスの8倍ズームレンズ搭載デジタルカメラ「FinePix JZ700」を発売する。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月8日、薄型デザインを採用した、エントリークラスの8倍ズームレンズ搭載デジタルカメラ「FinePix JZ700」を1月26日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は1万5000円前後。

photophoto
photophoto 「FinePix JZ700」

 最薄部18.6ミリの薄型ボディに35ミリ換算24〜192ミリのフジノン光学8倍ズームレンズを搭載したスリム&高倍率ズームデジカメ。超解像によるデジタルズームも利用可能で、光学ズームと併用することで最大約16倍相当の望遠撮影を行える。手ブレ補正はレンズシフト式を採用する。

 撮像素子は1/2.3型 有効1400万画素 CMOSセンサーで、最高ISO感度はISO3200。フル画素記録でも約8コマ/秒の高速連写を楽しめるほか、最短で0.9秒の撮影間隔など各所に高速化が図られている。1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影機能や、「ポップカラー」など6種類の効果を持つ「アドバンストフィルター」や3D撮影機能も備える。

 前面パネルにはアルミ素材を用いることで質感を高めたボディカラーはホワイト、ブラック、シルバー、レッドの4色。背面液晶は2.7型(23万画素)。USB充電にも対応する。本体サイズは99.4(幅)×57(高さ)×26(最薄部18.6ミリ、奥行き)ミリ、約134グラム(バッテリー、メモリカード含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.