ニュース
» 2013年01月09日 11時20分 UPDATE

手ブレ補正強化、29.3ミリからの光学38ズーム“Everio”「GZ-E565」

JVCケンウッドがデジタルビデオカメラ“Everio”の新製品「GZ-E565」を発売する。エントリークラスの製品ながら、29.3ミリからの光学38ズームを搭載する。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは1月9日、デジタルビデオカメラ“Everio”の新製品「GZ-E565」を1月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は7万円前後。カラーバリーションはローズレッド、アーバンブラウン、シルキーホワイト、ロイヤルブルーの4色を用意する。

photophoto
photophoto “Everio”「GZ-E565」

 Everioシリーズのなかではエントリークラスに属する「E」シリーズの製品ながら、35ミリ換算29.3ミリ相当からの光学38倍ズームレンズを搭載(動画撮影時、29.3〜1219ミリ相当)、デジタルズーム「ダイナミックズーム」利用時には65倍相当の望遠撮影を行える。光学式手ブレ補正も新型となり、さまざまなシーンの撮影を1台でこなせるモデルとなっている。

 撮像素子は総画素251万画素の裏面照射型CMOSセンサーで、従来機では再生時に適用していた「K2テクノロジー」による高音質化処理を録音時に行うことで、ディスクメディアへのダビング後などでも高い音質で映像を楽しめる。風切り音カット機能も自動化されている。

 カメラが自動的に録画されたシーンをピックアップして再生する「ダイジェスト再生」機能は、記録時にマークされた「ベストシーン」「いい笑顔」「顔登録人物」などもダイジェスト再生可能。撮影中に任意のシーンをマーキングして、自分だけのダイジェスト映像を再生させることも可能だ。

 オート撮影機能の「インテリジェントオート撮影機能」は判別可能なシーン数が従来の12から284パターンに増加している。特殊な撮影機能としては、タイムラプスやストップモーションを搭載する。

 本体内蔵メモリは32Gバイトで、SD/SDHC/SDXCメモリカード対応スロットも用意。液晶モニターは3型(23万画素)。本体サイズは53.5(幅)×59.5(高さ)×116.5(奥行き)ミリ、約260グラム(バッテリー装着時)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.