ニュース
» 2013年01月21日 15時13分 UPDATE

「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」(SELP1650)単体発売が2月に延期

ソニーはEマウント用交換レンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」(SELP1650)のレンズ単体発売日を、2月22日に延期すると発表した。

[ITmedia]

 ソニーは1月18日、Eマウント用交換レンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」(SELP1650)、レンズ単体の発売日を発表当初の「1月予定」から、「2月22日」に延期すると発表した。延期の理由について同社では「生産上の都合」としている。

 SELP1650はEマウントカメラ装着時に35ミリ換算24〜75ミリの焦点距離をカバーする、電動ズームレンズ。開放F値はF3.5-5.6。手ブレ補正機構「OSS」も搭載する。

photophoto 「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」(SELP1650)

 未使用時に鏡胴が短くなるリトラクタブル構造を採用することで、電動ズームレンズながら、NEX-5Nなどの標準ズームレンズ「E 18-55m F3.5-5.6 OSS」に比べ約半分の長さ(未使用時)としたほか、重さも約116グラム(E 18-55mm F3.5-5.6 OSSは約194グラム)と軽量化も果たしている。操作リングはAF時はズームリング、MF時はフォーカスリングとして機能する。「NEX-5R」ならび「NEX-6」のキットレンズとしても用意されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう