ニュース
» 2013年01月29日 16時00分 UPDATE

タムロン、マイクロフォーサーズ準拠の高倍率ズームレンズを開発表明

タムロンがマイクロフォーサーズ規格に準拠した高倍率ズームレンズ、「14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC (Model C001)」の開発表明を行った。

[ITmedia]

 タムロンは1月29日、マイクロフォーサーズ規格に準拠した高倍率ズームレンズ「14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC (Model C001)」の開発表明を行った。価格及び発売時期は未定。1月31日より開催する「CP+」の同社ブースにて、外観の展示が行われる。

photo 「14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC (Model C001)」

 装着時35ミリ換算24〜300ミリとなる高倍率ズームレンズ。手ブレ補正機構「VC」を搭載しながらも光学設計の見直しなどによって、80.4(全長)×63(最大径)ミリ、というスリムサイズを実現している。なお、搭載するVCは動画撮影にも配慮した最適化が行われており、静止画/動画いずれの利用にも適する(※初出時、焦点距離について誤記がありましたので訂正させて頂きました 2013年1月29日 16時47分)。

 レンズ構成は13群17枚で最短撮影距離は0.5メートル(ズーム全域)、最大撮影倍率は1:3.8。フィルター径は52ミリ。外装は金属製で、ブラックとシルバーの2色が用意される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう