ニュース
» 2013年01月29日 14時00分 UPDATE

カシオ、約515枚の超寿命“EXILIM”「EX-ZR400」

カシオ計算機の「EX-ZR400」は、撮影時の軽快な動作を踏襲しながら、シリーズ最長の電池寿命を実現したコンパクトデジカメ。1回の充電で約515枚の撮影が可能になった。

[ITmedia]

 カシオ計算機は1月29日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”「EX-ZR400」を2月8日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photophotophoto “EXILIM”「EX-ZR400」 カラーはホワイト、ピンク、シルバーの3色

 シリーズの特徴である高速起動や高速オートフォーカス、短い撮影間隔といった、撮影時の軽快な動作を踏襲しながら、ハイスピードエクシリムシリーズとして最長の電池寿命を実現した。

photo

 画像処理エンジンに処理速度が向上した「EXILIM エンジン HS Ver.3」を搭載し、公称値で起動時間0.99秒、レリーズタイムラグ0.015秒、AF合焦時間0.14秒、撮影間隔0.26秒をうたう。ワンシャッターで3枚を撮影する「トリプルショット」、撮影時に画面の一部に撮影画像を表示する「ミニレビュー表示」を新たに搭載し、初心者でも撮りたい瞬間を逃さず撮影できるよう配慮した。

 静止画撮影時のバッテリーの持ちがよいのも特徴で、独自の低消費電力技術とアルゴリズムの最適化により、バッテリーは既存モデル「EX-ZR300」と同じ「NP-130」を採用しながらも、1回の充電で約515枚の撮影が可能になった。

 撮影を支援する機能としては、連写した画像を自動で合成し補正することで手ブレやノイズを抑える「HS 手ブレ補正」、カメラが自動で撮影環境を解析し、最適な設置や画像処理を施す「プレミアムオートPRO」、高感度で高速連写した画像を合成することで暗いシーンの写真からノイズやブレを取り除く「HSナイトショット」などを用意。

 また、連写による合成を生かして手前の被写体から遠くの背景までにピントが合った写真を生成する「全焦点マクロ」、連写した写真にぼかし処理を施し、一眼レフカメラで撮影したように被写体が際立つ写真を撮影できる「背景ぼかし」も搭載した。

 撮像素子は有効1610万画素CMOSセンサーで、レンズは35ミリ換算24〜300ミリ相当の光学12.5倍ズームレンズを採用。PCやスマートフォンにWi-Fi経由で撮影データを転送できる無線LAN機能付きメモリーカードの「FlashAir」「Eye-Fi」にも対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.