ニュース
» 2013年01月29日 17時00分 UPDATE

シグマ、ミラーレス用レンズ「SIGMA 19mm F2.8 DN」を発売

シグマは「Art」ラインに属する製品として、ミラーレスカメラ用交換レンズ「SIGMA 19mm F2.8 DN」を発売する。

[ITmedia]

 シグマは1月29日、ミラーレスカメラ用交換レンズ「SIGMA 19mm F2.8 DN」を発表した。マイクロフォーサーズおよびソニーEマウント向けに用意される。価格及び発売日は未定で、1月31日より開催されるCP+ 2013の同社ブースに展示される。

 「Art」ラインに属する製品で、マイクロフォーサーズシステムで38ミリ相当、Eマウントシステムで28.5ミリの画角となる広角レンズ。なお、本製品の投入に伴い、既存製品「SIGMA 19mm F2.8 EX DN」は在庫限りでの販売となる。

photophoto 「SIGMA 19mm F2.8 DN」

 レンズ構成は6群8枚で、グラスモールド非球面レンズを3枚使用することでゆがみや像面湾曲を補正するほか、スーパーマルチレイヤーコートによってフレアやゴーストの発生も抑制しており、「Artラインにふさわしい描写性能」(同社)を実現した。

 AFをインナーフォーカスとすることでフォーカシングによる収差変動も押さえた。AFは静音性に優れるリニアモーター駆動で、動画撮影にも適する。出荷時にはMTF測定器「A1」による全数検査が行われる。

 マウントには強度を高め表面処理を施した真ちゅうを採用することで、精度と耐久性を両立させている。絞り羽根は円形の7枚絞りで、最短撮影距離は20センチ、最大倍率は1:7.4、サイズは60.8(最大径)×45.7(全長)ミリ(数値はマイクロフォーサーズ用)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう