ニュース
» 2013年01月30日 11時02分 UPDATE

ファストハイブリッドAF対応レンズ追加など、αとNEXに新ファームウェア

ソニーが「α」および「NEX」シリーズの新ファームウェアを2月5日より提供する。ファストハイブリッドAFや自動補正機能の対応レンズ追加などが行われる。

[ITmedia]

 ソニーは1月29日、「α」および「NEX」シリーズの新ファームウェアを2月5日より提供開始すると発表した。デュアルAFやファストハイブリッドAF、自動補正機能の対応レンズ追加などが主だが、ブラケットモード設定の段数追加(NEX-5Nのみ)など細かな操作性向上も図られる。

  • α99

 デュアルAF対応レンズの追加(SAL24F20Z、 SAL85F14Z、 SAL135F18Z、 SAL70300G、 SAL70200G、SAL35F14G、 SAL1635Z、 SAL100M28、 SAL50M28、 SAL85F28、 SAL300F28G)および、自動補正対応レンズの追加(SAL100M28、 SAL50M28、 SAL85F28、 SAL18200、 SAL20F28、 SAL28F28)

  • α77/α65/α57/α37

 自動補正対応レンズの追加(SAL100M28、 SAL50M28、 SAL85F28、 SAL18200、 SAL20F28、 SAL28F28)

  • NEX-7

 SELP1650の自動補正対応、電源OFFレンズ収納速度高速化

  • NEX-6/NEX-5R

 ファストハイブリッドAF対応レンズの追加(SEL1018、 SEL35F18、 SEL30M35、 SEL50F18、 SEL18200LE)

  • NEX-5N

 SELP1650の自動補正対応と電源OFF時レンズ収納速度高速化、RAWデータフォーマットのバージョンアップ(Image Date Converter 4.2以上で歪曲収差補正が可能に)、連続ブラケットモード設定の段数増加(1.0EV/2.0EV/3.0EV)、AF動作の安定性向上

  • NEX-F3

 SELP1650の自動補正対応

関連キーワード

α | レンズ | α NEX | ファームウェア | RAW | ソニー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.