ニュース
» 2013年01月30日 17時24分 UPDATE

光学42倍ズーム、2000ミリの世界が見える「FinePix HS50EXR」

富士フイルムが光学42倍 35ミリ換算24〜1000ミリ相当のレンズを備えたネオ一眼「FinePix HS50EXR」を発売する。超解像ズームで2000ミリ相当の望遠撮影が行える。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月30日、高倍率ズームデジカメ「FinePix HS50EXR」を2月23日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万5000円前後。

photophoto 「FinePix HS50EXR」

 光学42倍 35ミリ換算24〜1000ミリ相当(開放F値 F2.8-5.6)のズームレンズを搭載したネオ一眼タイプの高倍率ズーム機。超解像処理によって2000ミリ(84倍)相当までのズームも可能だ。ズームは一般的な交換レンズと同様のマニュアルズームで、シャッタースピード約4段分の手ブレ補正も備えている。

 撮像素子は像面位相差AF可能な1/2型 有効1600万画素EXR COMS IIで、画像処理エンジン「EXR ProcessorII」の搭載もあり、1000ミリ相当のテレ端でも最速約0.27秒の高速AFを実現している。位相差AFは動画撮影中にも有効だ。

 背面液晶は左ヒンジのバリアングルタイプ(3型/92万画素)で撮影の自由度を高めているほか、XシリーズのFUJIFILM X-E1などにも採用されている「Q」(クイック)ボタンによって、素早い設定変更が可能となっている。本体サイズは134.9(幅)×101.3(高さ)×145.9(奥行き)ミリ、約808グラム(バッテリーおよびSDメモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう