ニュース
» 2013年01月30日 17時47分 UPDATE

像面位相差搭載 最速0.05秒の光学20倍ズーム「FinePix F900EXR」

富士フイルムが光学20倍ズームに像面位相差AF、強化したスマホ転送など充実した機能を備えた「FinePix F900EXR」を発売する。兄弟機「FinePix F820EXR」も用意する。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月30日、コンパクトデジカメ「FinePix F900EXR」「FinePix F820EXR」を3月9日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はFinePix F900EXRが4万円前後、FinePix F820EXRが3万円前後。

photophoto
photophoto 「FinePix F900EXR」

 FinePix F900EXRは昨年春に発売された「FinePix F800EXR」の後継機種で、レンズを光学18倍から35ミリ換算25ミリ〜500ミリ相当の光学20倍へ強化したほか、像面位相差AFを備えた1/2型 有効1600万画素 EXR COMS IIセンサーや、強化した画像処理エンジン「EXR ProcessorII」の搭載で最速0.05秒のAF速度や起動時間を始めとしたレスポンスの高速化を実現した。超解像ズームによって40倍(1000ミリ)相当の望遠撮影も行える。

 Wi-Fiによるワイヤレス転送も搭載しており、対応アプリ(iOS/Android)を利用すれば最大30枚の画像を一括転送できるほか、動画も転送できる。パソコンへのオートバックアップ機能も新たに搭載されており、「PCオートセーブ」を選択するだけで、未転送の画像のみが差分バックアップされる。赤外線通信機能も備える。

 背面液晶は3型/92万画素の広視野角タイプ(170度)の「プレミアムクリア液晶」で、サイズは105.1(幅)×61(高さ)×36(奥行き)ミリ。ボディカラーはブラック、レッド、ネイビー、シャンパンゴールドの4色を用意する。

 「FinePix F820EXR」は光学18倍(35ミリ換算25〜450ミリ相当)の高倍率ズームを搭載しており、超解像ズームによって900ミリ相当での望遠撮影も行える。撮像素子は1/2型 有効1600万画素EXR COMSを搭載(像面位相差AFは非搭載)、画像処理エンジンには「EXR Processor II」を組み合わせており、最速AF0.21秒や撮影間隔0.5秒といった高速動作を実現している。

photophoto
photophoto 「FinePix F820EXR」

 撮影機能としては108のパターンをカメラが自動認識して最適な撮影設定が自動的に施される「プレミアムEXRオート」や8種類の撮影効果を保つ「アドバンストフィルター」、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影機能などを備える。背面液晶は3型/92万画素で、サイズは105.1(幅)×63.3(高さ)×36(奥行き)ミリ。ボディカラーはブラック、レッド、ホワイト、オリーブの4色を用意する。

関連キーワード

FinePix | ズー | 超解像技術 | 富士フイルム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.