ニュース
» 2013年02月01日 00時31分 UPDATE

CP+ 2013:PowerShot Nに興味津々、プリンタ関連も充実のキヤノンブース

新モデルを投入したIXY新製品と、飛び道具的な「PowerShot N」が人気のキヤノンブース。写真を撮った後の楽しみ方もしっかりとフォローするブース作りとなっていた。

[mi2_303,ITmedia]

 CP+ 2013のキヤノンブースは、International CES 2013でお披露目となった「PowerShot N」が人気となっていた。というのも、通路に面したタッチ&トライコーナーにはIXYシリーズやPowerShotシリーズの新製品が並んでいるのだが、そこで取材を行っていると「新しい小さい奴(PowerShot)はどれ?」という問い合わせを何度も耳にしたのだ。

photo 様々な個性が見えるキヤノンブース

 PowerShot Nはブース中程に実機の展示があり、試用するための列ができており男性だけではなく女性も多く見かけることから、独特の形状と撮影方法をもつこのカメラの話題性の高さを感じた。

 独特な操作方法を軽く紹介しておこう。レンズのまわりのリングは二重になっており、ボディ側がズームリング、外側がシャッターリングとなっている。ズームリングはくるくる回転するのではなく、ズーム操作のための電動のスイッチとなっており左右どちらかに角度を付けて回転させて操作する。

 シャッターリングは、中心軸に向かって押し込むというべきか、リング自体を移動させるというべきかちょっと変わった操作方法となっている。実際に使ってみると、ズームリングは取っ手がある上下部分が操作しやすいが、シャッターリングはカメラを構えたどの位置からでも押せるため、縦横どんな持ち方でも押しやすい方法でシャッターを切ることができた。

photophoto PowerShot Nにはシャッターとズーム用のリングが2つある(写真=左)、シャッターリングは持ち方に左右されず、どの部分からでも押すことができる(写真=右)

 独特の形状や操作性だけではなく新機能「クリエイティブショット」も面白い。オリジナル1枚とカメラが自動判別したシーンをもとにトリミングやカラーを自動設定した5枚を保存してくれる機能で、撮影するたびに新しい発見を体験ができる。以前、おまかせオート関連記事で取り上げたことがある絵作りまでもおまかせする理想的なおまかせオートが搭載となった。気に入った写真を選べるだけではなく、こんな構図で撮れば良かったのかと勉強にもなる役立つ機能だ。

photo クリエイティブショットの出力イメージは、撮影後サムネイル表示される

 その他のコンパクトデジタルカメラのタッチ&トライコーナーには、DIGIC5とWi-Fiを搭載したIXY 600Fの後継機「IXY 610F」、価格を抑えたIXY 110F/90F、PowerShot A2600/A1400をはじめとする新製品と、発売済みの現行カメラの展示も行われていた。

photophotophoto IXY 110Fは価格を抑えたWi-Fiモデル(写真=左)、600Fの後継となる610F(写真=中央)、デジカメ入門に最適なPowerShot安価モデル手前がA1400、奥が2色のA2600(写真=右)

 デジタル一眼コーナーではEOS M、EOS 6Dといった昨年発売の人気商品を含む、様々なボディとレンズを試すことができた。中でも気になったのは「EF24-70mm F4L IS USM」だ。このF4通しの標準レンズには4段分の手ブレ補正機能をもつハイブリッドISが搭載されているだけはなく、70ミリ側には望遠マクロ機能が搭載されており、これ1本で風景写真から簡単なマクロ撮影までこなせるオールマイティなLレンズであると言える。荷物を抑えたい旅行や登山などで活躍できるのではないだろうか。

photophotophoto デジタル一眼レフボディと交換レンズのタッチ&トライコーナー(写真=左)、望遠レンズのタッチ&トライコーナーはブースの奥に位置する(写真=中央)、ハイブリッドISとテレマクロ機能が便利な「EF24-70mm F4L IS USM」(写真=右)

 ブースの奥には、様々なシチュエーションが用意されたブース内をEOS 6Dで自由に撮影し、撮った写真を2Lサイズのプリントで持ち帰ることができる体験コーナーが人気となっていた。

photophotophoto 多種多彩な貸し出し機(写真=左)、マクロ撮影やモデル撮影など様々なシチュエーションが用意されている(写真=中央)、2Lサイズのプリントを持ち替えることができる(写真=右)

 プリンタ関連では、ホームプリント向けの「PIXUS」シリーズやプロ向けの「PIXUS Pro」の展示も行われており、ソフトの使い方や出力のアドバイスなどを受ける事もできる。大型プリンタの出力サンプルはなかなか見る機会がないので、プリンタ関連の展示もチェックしてみて欲しいと思う。

photophotophoto ブースの奥にはホームプリント向けのPIXUSシリーズ(写真=左)、その隣には用紙ごとプリントサンプルが展示されている(写真=中央)、通路に面したスペースではPIXUS Proの展示が行われている(写真=右)

 さらに出力関連では業務用のキヤノンのプリンタを使用した本格的な写真集を作ることができる「PHOTOPRESSO」サービスも人気となっていた。PHOTOPRESSOサービスは、キヤノン以外のデジタルカメラでも利用できるオンラインのフォトブックサービスで、利用と公開は無料。フォトブックを製本する場合のみページ数に応じた料金が発生する。

 展示コーナーには実際に製本された写真集が置いてあり、色合いや光沢などが印刷独特の風合いとなっておりプリンターとは違った楽しみが感じられた。季節ごとや年ごとに自分で撮った写真をまとめて、写真集にしてストックしておくという楽しみ方もあり利用してみたいと思うサービスだ。

photophoto オンラインのブックサービスPHOTOPRESSOコーナーには女性が多く訪れていた(写真=左)、製本された写真集の一例(写真=右)
photo 「時代に応えた、写真家たち〜through the eyes of time〜」(8人の写真家たち)にて、「シルクロード 心の旅」と題した写真展を品川キヤノンギャラリーSにて行う田沼武能氏。キヤノンギャラリー銀座では写真展「戦後を生きた子どもたち」を行う

 また、キヤノンマーケティングジャパンでは、「キヤノンギャラリーS」の開設10年を記念して「キヤノンギャラリーS10周年記念展」を1月31日から1年間にわたって開催する。記念展は3部構成となっており、第1部は同社の収蔵する、植田正治氏や木村伊兵衛氏ら日本の写真表現の礎を築いた5人の写真家の作品を展示する「キヤノンフォトコレクション特別展」(1月31日〜3月16日)、第2部は現在も一線で活躍する日本を代表する写真家8人の写真展「時代に応えた、写真家たち〜through the eyes of time〜」(8人の写真家たち)(3月21日〜12月24日)、第3部は「映像表現の明日に触れる企画展」(2014年1月6日〜)。

 会場は品川のキヤノンギャラリーSで、第2部の写真展「時代に応えた、写真家たち〜through the eyes of time〜」(8人の写真家たち)はキヤノンギャラリー銀座でも行われる。詳細はキヤノンギャラリーS10周年記念展スペシャルサイトhttp://canon.jp/galley-s-10thを参照のこと。

関連キーワード

PowerShot | キヤノン | デジカメ | IXY | PowerShot N | PIXUS | EOS | PIXUS PRO | EOS M


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.