ニュース
» 2013年02月04日 18時19分 UPDATE

パナソニック、「マイクロ分光素子」による高感度撮影技術を開発

パナソニックは撮像素子に入る光をカラーフィルターではなく、独自の「マイクロ分光素子」で分離する方法を開発。高感度なカラー撮影を実現したと発表した。

[ITmedia]

 パナソニックは2月4日、撮像素子に入る光を色ごとに分離する独自の「マイクロ分光素子」を開発、高感度なカラー撮影を実現したと発表した。カラー撮影に必要な撮像素子のカラーフィルタをマイクロ分光素子に置き換えることで、従来比約2倍の高感度化を実現する。

 一般的に撮像素子の前には、カラー撮影のためにカラーフィルターが配置されているが、入射光量の多くがこのフィルターで失われる。マイクロ分光素子はフィルターで光を吸収分離するのではなく、回折現象によって光を色ごとに分光するために従来のカラーフィルターが不要となり光量の減少も少ない。そのため、従来比約2倍の高感度化カラー撮影が行えるという。

photo

 既存カラーフィルターの置き換えとして設計できるのでCCDやCMOSなどセンサーの種類を問わずに利用でき、また、従来の半導体デバイス製造で用いられている材料や加工プロセスが利用できるというメリットもある。

photophoto 現行カラーフィルター(写真=左)と開発されたマイクロ分光素子(写真=右)による撮影。いずれも同感度のCCDを使用している

関連キーワード

高感度 | 撮影 | 撮像素子 | パナソニック | CCD | CMOS | 半導体


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう