ニュース
» 2013年02月07日 10時37分 UPDATE

写真と動画で見る「PowerShot N」

キヤノンが発売する“マシカクカメラ”こと「PowerShot N」がやってきた。非常に特徴的なそのスタイルと「クリエイティブショット」を写真と動画で紹介する。

[ITmedia]

 今年のCP+で最も注目を集めていた製品のひとつが、キヤノンの「PowerShot N」であることは間違いない。シャッターボタンのない真四角なボディには、「撮ったことのない写真」に出会うための仕掛けが施されている。

 製品の販売開始は4月下旬の予定だが(同社オンラインショップのみでの販売で、価格は2万9800円)、試作機でのフォトリポートをお届けしたい。

photo 「PowerShot N」

 外観上最も目を引くのが、正面から見ると正方形に近いボディデザイン。従来のカメラならば必ずあるシャッターボタンはどこにもなく、鏡胴付け根の2重リングがそれぞれズームレバーとシャッターボタン(レリーズ)を兼ねており、手前側のリングを押し込むとシャッター、レンズ先端側のリングを回すとズーム操作になる。レンズは35ミリ換算28〜224ミリの光学8倍ズームレンズで、撮像素子は1/2.3型 有効1210万画素高感度CMOSセンサーだ。

photophoto 正面(写真=左)、背面(写真=右)
photo 鏡胴付け根にはズームレバーとシャッターボタンの役割を持つリングが設けられている

 背面は約90度チルトする2.8型(約46万画素)のタッチパネル液晶のみで、ボタン類はない。ボタンは側面に集中しているがその数は少なく、電源と撮影モード切り替え、それにスマホ転送、再生の4つだけだ。記録メディアはMicroSDメモリーカード、電源にはIXY 1などと同じ「NB-9L」を使用する。

 チルト式液晶と光学8倍ズームレンズを搭載したためか厚みは3センチ近くあり(78.6×60.2×29.3 幅×高さ×奥行き)、重さも200グラム近い(撮影時重量で約195グラム)。胸ポケットに入れるというより、付属の両づりボディジャケットとストラップを使って首から下げるのが良さそうである。

photophoto ころんとかわいらしいルックスだが、片手で持ち歩くには少し大きめのようにも感じる。両づりのボディジャケット&ストラップで首から下げる(あるいはたすき掛けにする)のが正しいようだ
photophoto チルト式液晶は90度開く(写真=左)
photophoto 左右側面。正面から向かって左には撮影モード切り替え、スマホ転送、再生の各スイッチ。右には電源ボタン。録画ボタンなども用意されておらず、最低限といえる

 撮影時のスタイルだが、液晶を動かさず一般的なコンパクトデジカメの様に使うならば本体を両手で支えて親指タッチシャッターが良さそうであるし、ウエストレベルでの撮影なら液晶を開いてリングを押し込んでシャッターを切るのがよさそう。シャッターボタンがないのでどんな撮影スタイルとなっても少しの工夫は必要となるが、タッチシャッターを含めた本体の反応は機敏で、サクサクと撮っていける。

 撮影機能で最も特徴的なのは、1回のシャッターで構図や色調、露出の異なる6枚を自動的に作り出す「クリエイティブショット」。本体側面のスイッチで通常撮影とクリエイティブショットの切り替えができる。シャッターボタンすら設けず、極力ボタンを減らしたPowerShot Nがわざわざ設けるだけに、本機能の重要度が分かる。

 スマートフォン連携や詳細な使用感を含めたレビューは後日掲載する。

photophoto 記録メディアはMicroSDメモリーカード(写真=左)、バッテリーは「NB-9L」(写真=右)

※初出時、「クリエイティブショット」の名称について誤記がありましたので該当箇所を訂正させて頂きました(2013/2/7 17:49追記)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.