ニュース
» 2013年02月20日 19時28分 UPDATE

ケンコー・トキナー、香港 AEE社製アクションカム「AEE MagiCam SD19」発売

ケンコー・トキナーが香港 AEE社製ウェアラブルカメラ(アクションカム)「AEE MagiCam SD19」を発売する。付属アクセサリの違いで、「スタンダード」「サーフィン」「モーターサイクル」「ヘルメット」の4種類が用意される。

[ITmedia]

 ケンコー・トキナーは2月20日、香港 AEE社製ウェアラブルカメラ(アクションカム)「AEE MagiCam SD19」を同日より販売開始すると発表した。付属アクセサリの違いで、「スタンダード」「サーフィン」「モーターサイクル」「ヘルメット」の4種類が用意され、いずれも価格はオープン。実売想定価格はスタンダードが2万4800円、その他が2万5800円。

photo 「AEE MagiCam SD19」(スタンダードパッケージ) カメラ本体と液晶モニター(ジョイント式)のほか、リモコン、防水ケース、スタンド、取付座、ポーチ、ストラップなどが付属する

 約59(幅)×48(高さ)×42(奥行き)ミリの小型ボディながら、フルハイビジョン動画(1080p)の撮影が可能な小型化カメラ。耐衝撃や防水といったタフネス性能は持たないが4種類のパッケージすべてに60メートル防水ケースが付属するほか、「サーフィン」にはサーフボード接続アタッチメント、「モーターサイクル」にはハンドルマウントなどと各アクティビティに応じたパーツが付属する。

 液晶ディスプレイが脱着式となっているほか、ワイヤレスリモコンも付属する。撮像素子は1/2.5型 CMOSセンサーで総画素数は551万画素。レンズはf=2.5mm/F2.8の固定焦点レンズ。記録メディアはmicroSD/SDHCメモリカードを利用する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.